「#日韓カップル」インスタで急増中「オッパがかっこいいから見せたい」「息子は軍隊に入れたい」

 まずはこちらのインスタグラムの写真をご覧いただきたい。韓国の伝統衣装を身に着け、女性の額にキスをする男性。まるで韓国歴史ドラマのラブラブなワンシーンのようだ。だが、よく見るとコメント欄には、「初めて着た韓服! ピンクを選んだのは、王子様のお望みだからです。ふふ」というハングルに交じって、日本語が。さらにコメント欄を開くと、「#日韓カップル」というハッシュタグがある。実はこの写真をアップした左の女性は日本人だ。

 SNSの世界で今、「#日韓カップル」が増えている。インスタグラムで「#日韓カップル」を検索すると、ペアのパジャマを着てベッドの上で自撮りする2人、頭を寄せ合い両手でハートを作る男女などの写真がずらりと並ぶ。その数、167,035件(2019年6月26日現在)で、毎日数百件ずつ増加中。ほとんどがピンク色のフィルターに包まれた、いわゆる「映える」写真だ。ちなみに「#日中カップル」は2931件、「#日米カップル」は1310件。「#日韓カップル」がずば抜けて多いのだ。

 国境を超えた愛を育む人は多かれど、なぜ今「#日韓カップル」なのか。「#日韓カップル」というキーワードで発信する人たちに会ってみた。

 ***


■息子が生まれたら軍隊に送りたい


「『#日韓カップル』ってハッシュタグをつけたのは、ミーハー魂。幸せなのを見せたいっていうのもありました。オッパがカッコいいので、見せたいっていう気持ちがあって」

 佐藤穂奈美さん(27歳)は笑顔で語る。伝統衣装の写真をインスタグラムにアップしたご本人。たしかに、隣に座っている“王子様”ことキム・シジンくん(28歳)は、BTSのメンバーSUGAにちょっと似たイケメンだ。ちなみに“オッパ”とは、韓国語で「お兄さん」だが、転じて年上の恋人や先輩に対する呼称としても使われている。

 ふたりの出会いは2年前の7月、韓流タウン新大久保でのことだった。穂奈美さんは当時、新大久保のバーで働いていた。

「オッパが働いている貿易会社の社長さんが、私がいたお店の隣のバーのオーナーで。お互いの店を行ったり来たりする常連同士だったんです。でも、最初は特に印象ありませんでした」(穂奈美さん)

 シジンくんに、穂奈美さんに対する第一印象をたずねると、「かわいい子だな」。「顔が韓国人っぽいところ日本人っぽいところ半々で、僕の好みのタイプ。目も、鼻も、口も好き」と、照れながらも率直に明かす。

 言葉を交わすようになったのは、共通の知り合いがバーを辞めるので送別会を行い、写真をシェアするためにグループラインを作成したことがきっかけ。わずか2時間後にシジンくんから「家、着いた?」とメッセージが届き、以後、毎日連絡が来るようになった。

 お互い相手の国の言葉が話せない穂奈美さんとシジンくんは、ラインの翻訳機能を使い、コミュニケーションを取っていく。そんなふたりの距離をぐっと近くしたのは、一本の映画だった。竹内結子と中村獅童主演でヒットした「いま、会いにゆきます」(2004年)。「雨の季節に戻ってくる」という言葉を残して亡くなった妻。1年後、雨が降り続く日に、妻は本当に現れた。ただし、記憶をすべて失って。……というファンタジーラブストーリーだ。

「日本に来る前から大好きだった映画です」というシジンくんと、「中学校の時、初めて買ったDVDが『いま、会いにゆきます』でした」という穂奈美さん。映画と同じように雨が止まぬ休日、穂奈美さんは自宅で一人、久しぶりに「今、会いにゆきます」のDVDを見ることに。SNSでそのことをシジンくんに伝えると、「僕も見たいな!」という返事が届く。

「家にはちょっと……」と断るが、ほどなく「ちょうど近くまで来たから」というメッセージが。ドアを開けると、降り続ける雨の中、シジンくんが傘を差して立っていた。穂奈美さんは家の中に招き入れ、一緒に映画を見ることに。その日、シジンくんが思いを告白。以来、2人はずっと一緒に暮らしている。

「付き合い始めた日からいきなり一緒に住んだなんて、初めて。何かかわいそうな感じがしたし、私、引っ越したばかりで、お金がなくて。家賃半々になるからいいかなって思ったり(笑)。でも、スキンシップは2週間ぐらいほとんどなかったんです」と、穂奈美さん。“スキンシップなし”の理由について、シジンくんはこう明かす。

「見た目が軽そうに見えるってよく言われて。穂奈美に遊び人だと思われるのが嫌だったんです」

 わずか2週間後には、シジンくんが尊敬するという父親に穂奈美さんを紹介するために、韓国へ。ストレートな告白や、硬派なところ、親を大切にする姿勢。穂奈美さんは、シジンくんの男気ある考え方には軍隊経験が大きく影響していると考えている。

「韓国の男性は、芯がある。仕事に対しても忍耐力があるし、オッパのように一人の女性だけをずっと見るとか、それも兵役生活からきているんじゃないかと思うんですよね。将来私たちに息子が生まれたら、ぜひ軍隊に送りたいと考えています」

■日韓カップルユーチューバー


「言葉や文化が違っても理解し合えるっていう、小さな幸せを共有したかったんです」

 福岡在住の韓国人ジンくん(24歳)は、「JinKoon日韓カップル(現在は「JinKoon日韓夫婦」)」と題したYouTubeチャンネルを、昨年3月に立ち上げた。1年3カ月でアップした動画は、135本。延べ視聴回数は10,673,812回(2019年6月26日現在)にのぼる。

 パートナーのことみさん(23)に出会ったのは、2017年7月。立命館アジア太平洋大学に留学中、休日に出かけた福岡の繁華街・天神のスターバックスで、ことみさんに声をかけた。

「素直にかわいいと思って。それだけでは声をかける勇気はなかなか出なかったんですけど、韓国語の本をカバンから出して勉強していたので『難しくないですか?』と」

 ヨン様が大好きだった母親の影響で幼い頃から韓国ドラマをずっと見ていたことみさんは、自身もK-POPボーイズグループiKONのファン。

「韓国人に憧れて、一度は付き合ってみたいなあと思っていましたけど。でも、夢見るだけで、周りに韓国人がいたわけでなく。最初に話した韓国人がジンくんでした」

 日本語が堪能なジンくんを、最初は日本人だと思っていたということみさん。「驚いたけど、話すうちにそんなに悪い人じゃないな、気が合いそうだなって」

 ここから告白するまでの経緯は、JinKoonのYouTubeチャンネルにある動画「【日韓カップル】出会いから付き合うまで」で詳細に(しかも、ジンくんとことみさんそれぞれの視点から編集した2本の動画で!)紹介されているので、ここでは割愛しよう。

 そもそもYouTubeは、「留学生が見た日本のライフスタイルや文化を伝えたい」と、ジンくんがひとりで始めたものだった。

「韓国人向けに発信したつもりだったけど、日本人のフォロワーさんもたくさん見てくれて。だったら、ことみと僕がふたりで出演してお互いのことを話したら、両方の国に伝わるんじゃないかな」と、「日韓カップル」シリーズをスタート。

「顔を出すのはイヤ」と、最初はモザイクをかけていたことみさんも、途中からは素顔で登場するようになった。「変なコメントが来るのを心配していたけど、それはなかった。実際は、『もっと韓国のことを知りたい』『日本のことを知りたい』って人が多かったんです」

 動画の内容は、韓国ではスナックとして売られている蚕の蛹を初めて食べてみたときのリアクションや、韓流スターのろう人形にことみさんがチューしたときのジンくんの反応、正月にことみさんの親戚宅にジンくんを連れて行ったときの様子など、日韓カップルに“あるある”な日常の数々。すべての動画に日本語と韓国語の字幕を付け、両方の国の人が楽しめるバラエティ仕立てとなっている。

「ネットニュースの『国際』をクリックすると、日本や韓国に関する悪いニュースが上のほうに出てきますよね。そういうのを見て、『だったら自分も相手の国を好きになれない』っていうケースも多いと思うんです。韓国でも、日本に行ったことがないのに『日本人は韓国人が嫌い』だと思っている人も結構いる。でも、韓国が好きな日本人もたくさんいますよ、って伝えたくて。お互いがもっと身近に感じられたらいいなと希望を持ってます」

■韓国人男性はモテる分、浮気が心配?


 インスタグラムにアップされる「#日韓カップル」の大半が、男性が韓国、女性が日本人という組み合わせだ。韓国人彼氏の魅力について、穂奈美さんとことみさんにそれぞれたずねると、ある共通点が見えてきた。

 それは、非常にマメで気が利くということ。

 冒頭のシジンくん同様、ジンくんもSNSでこまめに連絡をする。「1日何回とかじゃなくて暇ができるとすぐ連絡が来る。起きて仕事に行ったら『気を付けてね』とか、昼休みになると『今からご飯食べるねー』とか」(ことみさん)。

 また、一緒に出掛けるとき、重い荷物を持ってくれるのは、韓国人男性のデフォルト。さらに、「靴紐がほどけたら結んでくれる。靴紐がびよーんって長かったことがあって。そしたら、こっそり靴紐を買ってくれて、翌朝起きたら新しいのに変わってた」(ことみさん)という、ジェントルマンなのだ。

 さらに、ジンくんは、「付き合って〇日記念」のサプライズも欠かせない。「家に帰ったら廊下に小さいキャンドルがたくさん並べてあって、大きい部屋に入ったら、ハート型になっていて。いきなりグッチの靴が家にあった時もびっくりしましたね。韓国人の男性ってこんな風にしてくれるんだ、ドラマで見た通りだと思いました」

「今、日本で韓国人男性は、すごくモテる」と証言するのは、韓国人男性数人と交際した経験がある20代の女性。「見た目がBTSみたいな人もいるし、同じアジア人なのにレディーファーストだから。優しくしてもらった経験があまりない日本人女性は憧れちゃうんです。でも実際は、みんなに対しマメなわけだし、モテる分、浮気とか心配だったりも」

 一方、シジンくんが思う日本女性のいいところは、「サポートが上手で、優しいところ」。曰く、「韓国人女性はきつくて、怒る準備がいつもできている」のだという。

 極論にも思えるが、幼い頃から日韓を行き来しながら育ち、現在は日本人と結婚している韓国人男性(40代)は、「気持ちがわかる」とし、こう分析した。

「韓国では“彼女に対してレディーファーストがあたりまえ”となっているので、男性はプレッシャーが大きいんです。特に“オッパ”と甘えられて、頼み事をされると断れない。そういえば、僕が大学生だった90年代から“男性は彼女に対しマメに接すべし”という風潮がありましたね。民主化とともにフェミニズムが高まった時期だったから、その影響かな。結婚すると男性のほうが強くなることも多いんですけど」


■恋に落ちた相手がたまたま韓国人だっただけ


 一方、インスタグラムで「#日韓カップル」を使う理由について、「単純に同じ境遇の友達がほしかったから」というのが、麻衣さん(26歳)だ。「リアルな生活では周りに日韓カップルがいないんです。日本人の友達が『彼氏が全然連絡くれなくて』と悩んでいても理解し合えない。私は連絡来すぎて困ってるぐらいなので(笑)」

 高校生の頃、周りでKARAや東方神起が流行っていても、ジャニーズ一筋だった麻衣さん。当時の韓国のイメージは、「キムチ臭そう」「K-POPスターは男性もメイクしていてナヨナヨした感じ」とネガティブだった。

 そんな麻衣さんが、ミニョンくん(22歳)と恋に落ちたのは、2013年10月。マレーシアのクアラルンプールに語学留学した時のことだ。

「指定されたシェアハウスに着いて、ガチャッとドアを開けたら目が合って。ハウスメイトがなんと男性。その人の友人が彼でした」

「What is your name?」

 電子辞書も使いながら、お互い勉強中の英語で会話を交わし始めた。

「直感的に第一印象が良かった。私が緊張してるのがわかっていたのか、どんどん話しかけてくれて、やさしいな、って。話しているうちに韓国人だって知りました」

 出会ってわずか2週間目には、付き合い始めることに。

「韓国人の男の子ってジェントルマンで、段階踏んで付き合うのかと思ったら全然そんなこともなく、がつがつすごい積極的で。日本人の男の子と遊んでいたら『行くな』って言われたりとか、独占欲が強い。『彼女でもないのに、なぜ?』って聞いたら、『僕の彼女でしょ』って(笑)」

 だが愛が生まれた2週間後、ミニョンくんは大学受験の準備のため韓国に帰国。以後、二人は5年半にわたり遠距離恋愛を続けている。その間、麻衣さんはアメリカに留学し、東京で就職。ミニョンくんは現在、マレーシアの大学に在学中だ。

 圧倒的に離れた距離、会えない膨大な時間。その隙間を埋める飛び道具が、SNSだ。二人は、LINEのような韓国のメッセージアプリ「カカオトーク」で毎日連絡を取っている。

「彼はめちゃめちゃマメ。1時間ぐらい連絡しないと、『なんでレスくれないの』って(笑)友達同士のSNSともつながっているんで、写真に映り込んでいたりして嘘つけない。お互いどこにいるか、何をしてるのか把握しているんです。ちょっとギツギツ(笑)。でも、SNSがなかったら、20年前だったら、かなり難しかったんじゃないかな。付き合う時点で、踏み出せなかった気がします。ありがたい時代に生まれたな、と」

 5年という歳月の間には、お互いの中で変化があった。ミニョンくんは言う。

「麻衣と付き合うまで、正直日本に対してよくない印象を持っていました。歴史の問題が原因です」

 ミニョンくんが東京に遊びに来た時には、「Takeshiba(竹芝)」という表示を見て、「え、Takeshima(竹島)?」と言い始め、二人の間で領土問題について熱い論争になったことも。

「でも、最近は『日本ではこういうふうに報道されているけど、韓国では違う視点だよね』と客観的に話すようになりました」(麻衣さん)。

 ミニョンくんの一時帰国に合わせて、韓国を訪れることもしばしば。父親が仕事に行くときは必ず玄関に行って挨拶し、母親が重いものを持って帰るとマンションの下まで降りて荷物を持ってあげるミニョンくん。「彼の姿を通じて、韓国の良さを知った」と麻衣さんは語る。

 今では、ミニョンくんがマレーシアにいるときでも、女友達とソウルに旅行に行くほどの韓国好きになった麻衣さん。母親も麻衣さんの影響を受け、CNBLUEと俳優パク・ヒョンシクのファンに。IZ*ONEのファンになった弟は大学で韓国語を専攻しているという。

「遠距離がつらくなって別れの危機も何度かあった」と明かす麻衣さんに、国籍や距離を超えて恋愛が続いている理由をたずねると、こんな答えが返ってきた。

「彼とは、考え方だったり、味覚だったりが同じ。笑いのツボも一緒で、テレビやYouTubeを見るときに、いつも気づいたら同じところで笑ってる。価値観が合うって大事。国も言葉も関係ないんだな、って思います」

 新大久保で出会ったシジンくんと穂奈美さん、福岡在住のYouTuberジンくんとことみさん。2つのカップルは、いずれも今年春、双方の家族や友達に祝福されながら結婚した。
将来の目標はそれぞれだ。

「日韓両方にローテーションで暮らすのが理想だけど、子どもが生まれたら、どこで教育を受けたいか、その子が望むようにしたいと思います」(シジンくん&穂奈美さん)

「まずは日本で仕事を頑張ってみて、将来は韓国か、日本か、まだわかりません。シンガポールも住みやすいかな、と思っています」(ジンくん&ことみさん)

 一方、麻衣さんの彼氏ミニョンくんには、韓国で「カップルの鬼門」とされる兵役が待ち受けている。

「軍隊が終わったら、すぐ結婚しようって言ってくれるので、それを機に一緒に住む予定です。アメリカでも、マレーシアでも韓国でも。彼の仕事で住む場所に合わせようと思っています」

 入隊は、おそらく来年。韓国軍では今年4月から兵役中のスマートフォン利用が解禁となった。「SNSがあるから乗り越えられる」麻衣さんはそう信じている。

桑畑優香(くわはた・ゆか)
ライター・翻訳家。94年「101回目のプロポーズ」の韓国リメイク版を見て、似て非なる隣国に興味を持ち、韓国へ。延世大学語学堂・ソウル大学政治学科で学ぶ。「ニュースステーション」ディレクターを経てフリーに。ドラマ・映画のレビューを中心に「韓国TVドラマガイド」「韓国語学習ジャーナルhana」「現代ビジネス」「AERA」「Yahoo!ニュース個人」などに寄稿。「韓流旋風」に映画コラム「ヨクシ! 韓国シネマ」を連載中。共著に『韓国テレビドラマコレクション』(キネマ旬報社)ほか。

2019年6月27日 掲載

関連記事(外部サイト)