北朝鮮が韓国に“仲介者失格”の烙印 それでも文在寅が続ける猿芝居の限界が来た

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が北朝鮮に罵倒された。「仲介役でもないのに、口を挟むな」と言い渡されたのである。スクラムを組んでいたつもりの同胞国家から「外交プレイヤー失格」の烙印を押されたことになる。(鈴置高史/韓国観察者)


■「蚊帳の外」から口出しするな


 6月27日、G20サミット(20カ国・地域首脳会議)出席のため文在寅大統領は大阪に飛んだ。その朝、朝鮮中央通信は「朝鮮外務省米国担当局長が朝米対話に関連する朝鮮の立場を表明」を配信、大統領を大いに嘲笑してみせた。

 この記事は米国に対話を呼びかける、さほど新味のないものだったが、途中から突然、韓国批判に転じた。日本語版から引用する。

・自分らが朝米関係を「仲介」するかのように世論化しながら人気を上げてみようとする南朝鮮当局者らにも一言言いたい。
・今、南朝鮮当局者らは自分らも一役買って何か大きなことをやっているかのように振る舞いながら自分の位置を探してみようと北南間にも相変わらず多様なルートを通じてなんらかの対話が行われているかのように世論を流している。
・朝米対話の当事者は文字通りわれわれと米国であり、朝米敵対関係の発生根源からみても南朝鮮当局が干渉する問題ではない。
・周知のように、朝米関係はわが国務委員会委員長同志と米大統領間の親交に基づいて進んでいる。
・われわれが米国に連絡することがあれば朝米間に以前から稼働している連絡ルートを利用すればよいことであり、協商を行っても朝米が直接対座して行うようになるのだから、南朝鮮当局を通じることは全くないであろう。
・南朝鮮当局者らが今、北南間にも何か多様な交流と水下の対話が行われているかのように宣伝しているが、そのようなことは一つもない。
・南朝鮮当局は、内部のことから正しく処理する方がよかろう。

 要は、「蚊帳の外の韓国が、余計な口を出すな」と言い渡したのである。

■「おせっかい」はやめろ


 文在寅政権は米朝の間で対話の仲介役を務めていると宣伝してきた。が、実態は米朝に頼み込んで仲介役のフリをさせてもらっていたに過ぎない(『米韓同盟消滅』・「あとがき――中二病は治るのか?」参照)。

 米国は米朝交渉の邪魔をされたくなかったので、韓国の顔を立てて「フリ」をすることを許した。一方、北朝鮮は韓国を使って米国を騙そうとした。

 北朝鮮は「非核化」を約束しては破ってきた。周辺国は「もう騙されないぞ」と警戒している。そこで今回は「完全な非核化」を受け入れる素振りを見せ、その「保証人」として韓国を立てたのだ。

 だが、4月11日の米韓首脳会談を見て、北朝鮮は文在寅大統領を見捨てた。韓国は使い物にならないと見切ったのだ。

 トランプ(Donald Trump)大統領との「差し」の会談は実質2分間で打ち切られた。開城工業団地や金剛山観光事業の再開といった北朝鮮が熱望する対北ドル送金事業は、打診することさえ封じられた。

 金正恩(キム・ジョンウン)委員長は翌4月12日の施政演説で次のように文在寅政権を批判した(「金正恩が文在寅を“使い走り以下”の存在と認定 韓国『ペテン外交』の大失敗」参照)。

・すう勢を見てためらったり、騒がしい行脚を催促しておせっかいな「仲裁者」「促進者」の振る舞いをするのではなく、民族の一員として気を確かに持って自分が言うべきことは堂々と言いながら、民族の利益を擁護する当事者にならなければならない。

 ではなぜ今になって再び、北朝鮮は「仲介役」の称号を韓国から取り上げたのだろうか。


■飼い犬に手を噛まれた北朝鮮


「スウェーデン演説」が伏線となったとの見方が韓国では多い。6月14日、文在寅大統領はスウェーデン議会で演説し「北朝鮮は完全な非核化の意思を国際社会に示さねばならない」と述べた。

 それまで文在寅大統領が公開の席で「完全な非核化」をきちんと要求したことはなかった。「不完全な非核化」で誤魔化そうとする北朝鮮に忖度したためである。

 この変節には保守系紙、朝鮮日報も驚いた。社説「『北は核廃棄の実質的な意思見せよ』との大統領のメッセージは持続せねばならない」(6月15日、韓国語版)を載せ「初めて掲げた『完全な非核化』の旗を降ろすな」と書いた。

 北朝鮮は「飼い犬に手を噛まれた」と考えたであろう。朝鮮中央通信が大統領を罵倒した6月27日、北朝鮮の対外宣伝メディア「我が民族同士」も口をそろえた。

「非難を逃れようと苦しい言い訳」(朝鮮語版)で「スウェーデン演説」を念頭に、以下のように非難した。

・北欧行脚の過程の発言で、北南関係、朝米関係が膠着するのは我々に責任があるかのように世論を欺瞞した。

 この記事では非難の対象を「スウェーデン演説」や「完全な非核化要求」に絞り込んでいない。そう書けば「北朝鮮は本気で非核化するつもりはない」との証拠を残してしまうからだろう。

 ただ、スウェーデン演説は13日も前のことだ。引き金になったのは1日前の「世界6大通信社との書面インタビュー」だったとの見方が一般的だ。


■利用価値がなくなって捨てられた


 文在寅大統領は6月26日、聯合ニュースが音頭をとった、世界の6大通信社との共同書面インタビュー(韓国語)に答えた。6大通信社とは共同、AP、ロイター、AFP、新華社、タスである。

 大統領は回答で「完全な非核化」との単語を9回使った。金正恩委員長自身が「おせっかいはやめろ」と警告してあるのに、まだ言うか――と、北朝鮮が怒り心頭に発したのは間違いない。

 そこで直ちに朝鮮中央通信で「韓国は蚊帳の外」と文在寅大統領を嘲笑し、これ以上は「完全な非核化」を語らせまいと図ったのだろう。

 だが、この記事によって北朝鮮が「使い走り」に利用してきた文在寅政権は窮地に立った。韓国政府は反応を一切示さなかった。北朝鮮から見捨てられ、当惑のあまり、声も出ない感じだった。

 保守からは「使い走りの末路」と非難が集中した。朝鮮日報は社説「北朝鮮の局長が文大統領を侮辱、利用価値がなくなったということ」(6月28日、韓国語版)で、「開城工業団地や金剛山観光事業の再開を実現できなかった文大統領は、北朝鮮にとって無用になった」と解説した。

 左派も普通の人も大きなショックを受けた。彼らは「文在寅大統領は半島を平和に導く仲介者」と信じていた。それを北朝鮮から否定されてしまったのだ。

 政府に近い左派系紙、ハンギョレの報道ぶりが異様だった。同紙も朝鮮中央通信の記事を報じはしたが、「文在寅への侮蔑」部分はちらりと触れるにとどめた。

 見出しも、ニュースのポイントを大きく外した「北朝鮮外務省米国局長、朝米交渉再開に『3大条件』を提示」(6月27日、韓国語版)だった。


■「存在感の誇示」が裏目に


 文在寅政権が「タブー」を冒して「完全な非核化」という単語を使い始めたのは、実質的な首脳会談を2分間にされるなど、米国から相手にされなくなったからと思われる。米国から無視されれば「仲介者」のフリはもうできない。

 ことにG20サミットを控え、保守系紙は「外交の大失敗」に焦点を当てた。朝鮮日報の社説の見出しは「韓国を除外して展開するG20の合従連衡」(6月28日、韓国語版)だった。

 だからこそ、文在寅政権は6大通信社との書面インタビューを企画し、存在感を示そうとした。だが、それが完全な裏目に出てしまった。北朝鮮を怒らせた結果、「蚊帳の外」認定を受けてしまったのだ。

 6大通信社との書面インタビューによる「裏目」はもう1つあった。質問の1つが「2018年の欧州訪問の際、『北朝鮮の非核化が後戻りできない段階に来たら、対北制裁の緩和が必要だ』と(大統領は)発言したが、『後戻りできない段階』とは何か」だった。

 これに対し文在寅大統領は「プルトニウムの再処理施設とウラン濃縮施設を含む寧辺(ニョンビョン)の核施設全てが検証下で全面的に、完全に廃棄されれば『後戻りできない段階』と評価できる」と答えた。

 「寧辺の核施設だけを廃棄すれば、制裁を緩和すべきだ」と主張したのだ。核施設は他にも多々あり、米国はそれらの廃棄も強力に要求している。2月の米朝首脳会談が物別れに終わったのも、そのためだ。

 韓国政府は「完全な非核化」と言いながら「不完全な非核化」で手を打とうとしていると見なされても仕方がない。今度は米国が怒った。


■ますます墓穴を掘る文政権


 東亜日報の「『寧辺の廃棄が後戻りできない非核化?』 文大統領の発言に米政府に懸念の声」(6月28日、日本語版)によると、ホワイトハウスの関係者は「(米国は文在寅大統領と)考えが同じでない」と不快感を示したという。

 それを見て、青瓦台(韓国大統領府)は「後戻りできない段階に入る入口」という意味だった、と苦しい釈明をする羽目に陥った。

 文在寅政権は「完全な非核化」という言葉で米国に忖度する一方、「寧辺の廃棄だけで後戻りできない非核化と見なす」との発言で北朝鮮に忖度した。だが、そんな小手先のごまかしによって、ますます墓穴を掘った。

 文在寅大統領の「存在感のなさ」のもう1つの象徴が、安倍晋三首相との会談が不発に終わったことだった(「日米中ロの首脳をストーカーする文在寅、韓国国民の前で虚妄の外交大国≠演出」参照)。

 いわゆる「徴用工」判決やレーダー照射などで「卑日」に精を出す韓国。そのうえ、北朝鮮の核武装も幇助するのだから、日本が首脳会談に応じないのは当然だ。

 だが、G20主催国の日本が韓国との首脳会談を実施しないことはあり得ない、となぜか韓国は思い込み、国民にもそう説明していた。それだけに首脳会談が開けないことが分かると、韓国人はしょげかえった。


■首脳夫人の会談には成功?


 6月28日、青瓦台は「文大統領の夫人と安倍首相の夫人の会談」写真を公開した。聯合ニュースの「金正淑女史、G20の茶話会で安倍首相夫人の昭恵女史と会った」(6月28日、韓国語版)で見ることができる。

「会った」といっても配偶者ツアーで一緒になったに過ぎない。だが、国民が感じる「疎外感」を癒すには、こんな写真まで見せて「首脳夫人の会談は実現した」と言い張るしかなかったのだ。

鈴置高史(すずおき・たかぶみ)
韓国観察者。1954年(昭和29年)愛知県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。日本経済新聞社でソウル、香港特派員、経済解説部長などを歴任。95〜96年にハーバード大学国際問題研究所で研究員、2006年にイースト・ウエスト・センター(ハワイ)でジェファーソン・プログラム・フェローを務める。18年3月に退社。著書に『米韓同盟消滅』(新潮新書)、近未来小説『朝鮮半島201Z年』(日本経済新聞出版社)など。2002年度ボーン・上田記念国際記者賞受賞。

週刊新潮WEB取材班編集

2019年6月29日 掲載

関連記事(外部サイト)