文在寅大統領に韓国国内でも冷ややかな視線か 韓国のメディアも政権に苦言呈する

記事まとめ

  • 韓国の文在寅大統領が、韓国国内でも冷ややかな視線を浴びているという
  • 反日一辺倒を貫いてきた文氏に対し、『何とかしろ』という論調が広まっているそう
  • 韓国のメディアは「韓日首脳会談、いつまで及び腰でいるのか」などと文政権に苦言

「日刊反日」で自らの首を絞める文在寅に韓国メディアも続々苦言

 今日も反日、明日も反日、毎日が反日……。そんな韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領(66)にこの度、ブーメランが突き刺さった。「G20で安倍総理と会談できればいい」。そうラブコールを送っていたにも拘(かかわ)らず日本側に袖にされ、韓国国内でも冷ややかな視線を浴びているのだ。以下は、「日刊反日」の様相を呈していた文氏が、「日韓関係」で自縄自縛に陥るの巻。

〈(安倍総理と文氏の)8秒間の握手がすべてだった〉(6月28日付中央日報)

〈日本の「おもてなし」は韓国には例外〉(6月29日付朝鮮日報)

 6月28、29日と、2日間にわたり大阪で開催されたG20を受け、韓国のメディアはこう厳しい分析をした。それもそのはずで、

「反日一辺倒を貫いてきた文大統領に対し、さすがに韓国でも『何とかしろ』という論調が広まっていましたからね」

 と、ある韓国ウォッチャーは振り返る。

「強気に出れば結局は日本が折れるという『悪しき慣習』のもと、いわゆる徴用工問題などで文政権は対日超強気戦略を取ってきました。ところが、ここのところの日本政府は、半導体材料の対韓輸出規制を強化するなど、韓国に対抗策を繰り出して引く気配を見せない。同時に安倍総理は日米関係を強化し、中国の習近平国家主席との距離も縮めていった。このままでは、韓国は置いてきぼりになるのではないかとの不安が高まっていたんです」

 事実、G20前から韓国のメディアは文政権にこんな苦言を呈していた。


■〈歯痒い〉〈及び腰〉…


〈韓国はひとりぼっち〉(5月28日付中央日報)

〈(G20をきっかけとして)近くて遠い国である日本を相手に、関係回復に向けた出口を模索しなければならない〉(6月7日付聯合ニュース)

〈日本とは慰安婦、強制徴用問題を巡る対立で首脳会談の日程も決められない状態だ。G20サミットを機に対話の糸口を見出すことを期待したが、手掛かりすら見つからない状態で歯痒い〉(5月27日付毎日経済新聞)

〈韓日首脳会談、いつまで及び腰でいるのか〉(5月1日付ソウル経済新聞)

 要は、いつまでも反日を続けて孤立の道をひた走るのではなく、とにかく日韓首脳会談に漕ぎ着けて関係再構築を模索すべきだと、文政権の尻を叩いていたのである。それでも、文氏が安倍総理を動かすことはできなかった。

 韓国出身の評論家で拓殖大学教授の呉善花氏はこう解説する。

「G20後、韓国では『首脳会談開催の申し出を日本が非礼にも拒否した』という日本批判も出ましたが、それは一部に過ぎず、大方は、日本から相手にされないほど韓国の国際的な立場は弱まっていると、現政権を批判する声が多いです」

 心底憎い日本に苦汁を嘗(な)めさせられる格好となった文氏。内心、腸(はらわた)が煮えくりかえっているに違いない。しかし、それも今までの自身の異常な反日姿勢による自業自得なのだから甘受するしかあるまい。

 成果を出せなかったG20の失地回復とばかりに、文氏は6月30日、米朝首脳会談の場である板門店に同行して見せたが、産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏はこう予測する。

「米朝首脳会談の“成功”を演出したことで、文大統領は韓国国民にG20での失敗を忘れさせ、大きなことを成し遂げたイメージを植え付けられたと大喜びしているのでしょう。しかし、結局は実質的な成果が出ず、単なるパフォーマンスに過ぎなかったと批判を浴びる恐れは大いにあります」

「反日」の1字を変える。ただそれだけのことが文氏には難しいようだ。パフォーマンスばかりに励む、自らの外交姿勢を「反省」することが――。

「週刊新潮」2019年7月18日号 掲載

関連記事(外部サイト)