韓国不買運動「昼は反日、夜はアサヒビールで乾杯」という呆れた実態

 国際舞台でいくら日本に袖にされようと、かの国の反日キャンペーンはやむ気配がない。日本政府が半導体材料などの輸出規制を発表すると、返礼とばかりに日本製品の不買運動が起こった。ところが、昼は反日、夜はアサヒビールで乾杯というのだから、我々がこうむる実害はというと……。

 半導体大国と言われる韓国において、今回の措置は大打撃というほかない。日本政府が半導体に必要な材料について、韓国への輸出規制に踏み切ったのは御承知の通り。

 経済部記者の解説。

「今回対象となったのは、スマホの画面に使う『フッ化ポリイミド』など3品目。今後、輸出するためには契約ごとに日本政府への申請が必要になり、審査だけで90日程度かかることになります。すると、輸出が遅れ、韓国での半導体製造のラインが滞る可能性がある。韓国経済には致命的です」

 無論、背景には元徴用工問題がある。

「政府は否定していますけども、元徴用工問題で日本企業に損害賠償判決が出たことへの事実上の対抗措置。先日のG20で日韓首脳会談が行われなかったことから分かるように、日本は韓国へ強硬姿勢で臨んでおり、その一環と見られています」

 韓国の主要紙はこの輸出規制をトップで報じている。

〈韓国産業の急所を突いた〉(朝鮮日報)

〈両国間葛藤はさらに高まる〉(中央日報)

 それに呼応するように、韓国で巻き起こっているのが、日本製品の不買運動なのである。


■国会前デモ


 韓国ウォッチャーが言う。

「ネット上では“日本製品の不買運動に参加しましょう”として、ユニクロやトヨタ、ソニーなどに加えアサヒ、キリンなどの具体名を挙げています。また、5日には中小の小売店主らがソウルの日本大使館前で日本製品の販売をしないと宣言しました。さらに、日本国籍のアイドルを追い出そうと主張するネットの書き込みまで登場しています」

 感情むき出しのこれらの運動で、日本経済にどれほどの影響があるのか。

 産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏は、

「今回のことで韓国の文具メーカー、モナミの株価が3割近く上昇しました。もともとゼブラなど日本の文具メーカーも韓国で人気はあったのですが、今回の不買リストに含まれていたこともあり、モナミ株を買い漁る投資家が現れたのです」

 と、“実害”の一例を示すものの、

「韓国の不買運動は成功したためしがありません」

 と語るのは『悪韓論』の著者で評論家の室谷克実氏。

「2年ほど前にも旧日本軍にコンドームを提供していたとメディアが書きたて、オカモト製品の不買運動が起こりました。ところが、オカモトは韓国でシェア1位の上、韓国製のコンドームより品質が良いために長続きはしませんでした。日本から韓国へ輸出する品目の中でビールのような消費財はごくわずか。不買運動をしても影響はたかが知れています」

 日本から韓国への輸出総額は約6兆円。その中でビールは80億円程度に過ぎない。さらに、と「週刊東洋経済」元編集長の勝又壽良氏もこう指摘する。

「韓国国内で日本製品は人気があります。実際、反日運動と日本製品の人気を揶揄する笑い話として“昼は反日、夜はアサヒ(ビール)”と言われています。味も美味しく、輸入ビールの中でアサヒが一番人気があるからです。日本製品を撤去しても販売店の売り上げが下がるだけですよ」

 先の黒田氏が同調する。

「不買運動は国会前デモのようなもので、パフォーマンスに過ぎません」

 振り回されることなかれ。文在寅大統領が振り上げた拳のおかげで両国の“乾杯”にはまだまだ時間がかかるのだから――。

「週刊新潮」2019年7月18日号 掲載

関連記事(外部サイト)