韓国でなぜ選挙時期や政権支持率低下のタイミングで必ず北朝鮮がらみの事件が起こるのか

 こんな映画作って大丈夫なんだろうか――と、他人事ながら気にならずにいられない。

 今週末公開の韓国映画「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男」は、90年代、対北朝鮮工作をしていた実在のスパイ「黒金星」の回想録を映画化した作品だ。「反共」の美名のもとに始まった工作、そのそもそもの目的は、北朝鮮で秘密裏に進む核開発の実態を探ることだった。だが南北の政治家(というか、もはや政治屋)たちは、「体制維持」という目的で、ひそかに手を組んでいた――と、映画は暴露する。

 ***

■世論の風向きを保守へと変える「北風」


 ここ数年の韓国映画では、骨太な「社会派エンタテイメント」が好調だ。これまでもそのジャンルは作られていてはいたが、流行の端緒を作ったのは、2017年に国内映画興行成績のNo.1を獲得した「タクシー運転手」だろう。1979年の朴正煕大統領(朴槿恵大統領の父)の暗殺を経て活発化した民主化運動で、軍と激しく武力衝突した光州事件を描いた作品だ。映画は、徹底した情報統制のもと地域封鎖された光州に、何も知らずに迷い込んだ小市民の慌てぶりで笑いを取りながら、いざとなれば国が民衆を平気で殺す現実を描き出す。

 事件で民主化デモを徹底弾圧したのは、朴正煕の後を引き継いだ軍事政権、全斗煥大統領だ。これをきっかけに民主化デモは全国に波及、1987年の学生運動家の拷問死事件と、それに続く6月民主抗争を経て、全斗煥大統領を辞任へと追い込む。これを映画化した「1987、ある闘いの真実」は、昨年の国内映画興行ランキングで2位を獲得している。

 昨年の興行ランキングで5位を獲得した「工作 黒金星と呼ばれた男」は、その後の時代を描いた作品だ。全斗煥の後、韓国初の民主的な投票で大統領に選ばれた盧泰愚、そして金泳三の政権下で物語は描かれる。

 主人公のコードネーム「黒金星」ことパク・ソギョンは軍の元将校で、その優秀さを買われて工作員となる。韓国に潜入する北のスパイの目を欺くために、前歴を塗りつぶすかのように数年間酒と借金にまみれ、守銭奴の商売人という別人キャラクターを作り上げ中国へ向かう。

 当時の中国は、北朝鮮の外貨獲得の最前線。韓国では’90年に「北朝鮮産品」は輸入とみなさず関税もかからないという法律が制定され、映画ではそれを利用した「産地偽装ビジネス」を北朝鮮の貿易代表部が主導。産地偽装しやすい中国産やロシア産の農産物を中心に、利ザヤで外貨を稼いでいた。ところがこれが中国の公安に摘発され、北朝貿易代表部は多額の罰金を支払う羽目に。黒金星パクはこの罰金を肩代わりすることで信頼を得て、ビジネスマンの視察を装って北朝鮮国内を探る機会を狙う。窓口となったのは、北朝鮮で外貨獲得の作戦を一手に仕切る、対外経済委員会所長リ・ミョンウン。金正日と直接やりとりができる男だ。

 映画はこの2人のやりとりをスリリングに描きながら、並行して韓国国内の政治状況を追ってゆく。取りざたされるのは「北風」――世論の風向きを保守へと変える――と呼ばれる、選挙時期や政権支持率低下のタイミングで必ず起こる北朝鮮がらみの事件だ。

 日本人が記憶する最も大きな事件は、盧泰愚政権誕生の選挙期間中に起きた大韓航空機事件だろう。北朝鮮の工作員・蜂谷真由美こと金賢姫が逮捕され、自殺防止の猿轡を口に厳重に貼りつけた姿で移送の飛行機から降りる姿が何度もテレビ放映されたのは、なんと大統領選挙の前日。これが投票行動に影響を与えたのは想像に難くない。そしてその金賢姫の逮捕に関わった大統領直属の国家安全企画部(通称・安企部)が、この映画でも暗躍する。ちなみにその前身は、金大中氏拉致事件や朴正煕暗殺を実行した悪名高い韓国中央情報部、いわゆるKCIAである。

■権力を維持するための「仮想敵国」


 韓国映画が上手いのは、そうした社会派映画を、たんなるマジメ一辺倒の“お堅い”映画にしないことだ。北朝鮮に足がかりを作った黒金星パクは、ヘビのようなリ所長に何度も試されながら信頼を勝ち取り、金正日と直接対面の末に(!)、韓国大企業の広告を北朝鮮で撮影する広告共同事業を立ち上げる。リ所長は黒金星パクがスパイであるという最悪の事態も想定しながらも、国の資金難を解消することに集中する。事業が動き出してからのリ所長が黒金星パクをかばいさえするのは、単に彼がスパイであると知れたら自分の身が危ないからだ。

 韓国を代表する演技派俳優の2人、「国際市場で逢いましょう」のファン・ジョンミンと、中井貴一主演でリメイクされた大ヒットドラマ「記憶」のイ・ソンミンの抑えた演技が光る。2人の信頼関係は決して安直には作られない。激することなく相手を探り合い、だが「敵国の人間の中にも人間らしい感情がある」というわずかな望みを持ちながら、ある一点でようやく互いの立場は合致する。そこがこの映画の言わんとする真実――金と権力に執着し「体制維持」を目論む連中はどの国にもいて、そういう連中は利害さえ一致すればその他のあらゆること――主義主張どころか、物事の道理や善悪、人の命さえも平気で踏みにじり、手を組むことができるということだ。天上界で権力を握る人間は、本当のところ平和など望んでいない。権力を維持するためには「仮想敵国」があるほうが都合がいい。それは今もまったく変わらない、北朝鮮でも韓国でも、もちろん日本も。

 そこから始まる2人の命がけの攻防は、スリルとサスペンスの連続だ。韓国映画が時に謳い上げるように描く南北の友情のファンタジーには鼻白むこともあるが、この作品では派手な史実の片隅にひっそりと描き出す。もちろんこのあたりは完全なフィクションには違いないが、このエンタテイメント性があってこそ、フィクションの中に織り込んだ事実を世に知らしめることが可能になる。

 こうした韓国の「社会派エンタテイメント」が描く世界が、徐々に現代に近づいてきているのもミソだ。そしていわゆる「忖度」はまるでない。「工作」の製作中もそれなりの妨害があったようだが、大スターたちがものともせずに出演している。2年ほど前にNetflixで作られた「26年」に至っては、光州事件から26年後、被害者遺族たちが、名前こそ「あの人」とボカしながらも、現実にいまだ存命中の全斗煥を暗殺するという作品だ。’97年の韓国のIMF危機の裏側を描いた作品も昨年公開されている。

 片や忖度社会の日本。久々に政治に切り込んだ「新聞記者」が好調だが、さて、それに続く作品は作られるのだろうか。今後を見守りたい。

「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男」
7月19日(金)シネマート新宿ほか、全国ロードショー

渥美志保(あつみ・しほ)
ライター、インタビュアー。エンタテイメントを中心に、映画レビュー、人物インタビュー、時事コラムなどをライティング。「mi-mollet」、「エル・オンライン」、「GINGER」、「COSMOPOLITAN」にて連載中。Yahoo!オーサー。「GOETHE」、「週刊現代」、「Nikkei LUXE」、「ELLE Japan」、「eclat」などの一般誌、企業広報誌など幅広い媒体にて執筆。関心事は映画、社会学、健康、政治、多様性、女性の生き方。

2019年7月19日 掲載

関連記事(外部サイト)