韓国で炸裂の「チョグク氏」たまねぎ爆弾 文在寅大統領と検事総長が全面戦争

■韓国に「玉ねぎ爆弾」炸裂(1/2)


 検察の捜査対象が、検察改革を旗印に法相に就任――。まるで冴えない三文芝居の筋書きだが、お隣の国の現実である。むろん検察にも威信があり、反撃の狼煙を上げた。かくして始まる政権と検察のつぶし合いは、はたして喜劇か、悲劇か、予断を許さない。

 ***

 むけどもむけども新たな疑惑が次から次へと出てきて、「玉ねぎ男」などという綽名がついた時点で、日本人の感覚だと、大臣になる目が残っているとは到底思えないが、お隣の韓国では、その辺りの事情がだいぶ異なるらしい。

 文在寅大統領の最側近で、大統領府民情首席秘書官だったチョグク氏(54)は、9月2日に行われた記者懇談会でも、6日の国会での人事聴聞会でも、大臣就任への強い意志と、就任後の検察改革への意欲を、あらためて強調した。そして韓国のメディアは一貫して、なにがあろうと文大統領はチョ氏の法相任命を強行する、という見方を示していた。

 だから9日、チョ氏がいよいよ法相に任命されたのは、いまさら驚きはない想定内のできごとであった。そうは言っても、幾重もの疑惑の皮について、すでに検察が捜査に乗り出している「玉ねぎ男」が、法相になって検察を指揮し、さらには改革するなど、もはや笑劇でしかなく、やはり韓国は法治国家ではなかったのか、と得心した人も少なからずいるだろう。

 文大統領が、あえて究極の選択をした理由は、「川に落ちた犬は棒で叩け」という、韓国で耳にする成句に照らせばわかりやすいかもしれない。だが、大統領の思惑と、それがもたらす結果については次記事で詳述することにして、まずは玉ねぎ状の疑惑についておさらいしておきたい。

「さすがに大統領府も、チョ氏の妻が私文書偽造罪で在宅起訴されるとは予想せず、動揺が走ったようです」

 と、韓国事情を取材している記者は言う。

「チョ氏の娘に関しては、2週間のインターンをしただけで、英語による専門論文の第1著者になり、そのおかげで無試験で高麗大学生命科学部に入学した、という疑惑があります。もう一つ、2014年に釜山大医学専門大学院に合格したのも、デタラメの自己紹介書が奏功したと言われていました。この自己紹介書には、チョ氏の妻が教授を務める東洋大学の総長から表彰状を授与された旨も書かれていましたが、9月に入ってから、総長は表彰状を渡しておらず、チョ氏の妻が偽造していたことがわかりました。検察の判断では、偽造されたのは12年9月7日。私文書偽造罪は時効が7年なので、期限が切れる直前の6日22時40分、事情聴取もないままチョ氏の妻を在宅起訴したのです」

 チョ氏がまだ、国会で聴聞会に出席している最中のことだった。


■ガチンコでやり合う方針


 ところで、玉ねぎに喩えられるほどだから、疑惑は際限ないが、

「なかでも注目されるのが、チョ氏とその家族、親族が出資しているファンドの疑惑です。たとえば、チョ氏のファンドはある街灯点滅機メーカーに集中投資しましたが、この会社はこの2年ほどの間に、47の地方自治体と公共機関に177件もの納入実績があり、急成長していました」

 ファンドがらみの疑惑について、龍谷大学の李相哲教授がつけ加えるには、

「このファンドを利用して、チョグクが上場前の企業の株を買い、上場後に売却して1千億ウォン(約90億円)の利益を得ようとしていた疑いが出ています。またファンドが投資した企業の株主に与党関係者がいたり、その企業の公共事業の受注先は、多くが与党所属の首長が在任する自治体であったりと、疑惑のタネは尽きません。今後、検察の捜査が進めば、政財界を巻き込んだ大スキャンダルに発展する可能性もあります」

 これら一連の疑惑に対し、検察は早い時期から関係先を家宅捜索し、調査対象者を召喚していたが、

「与党の共に民主党議員らは、国会の人事聴聞会の前に検察が捜査に着手したことに対し、“不適切な政治的行為だ”などと一斉に批判。一方、野党議員は“政府と与党が検察の捜査に不当な圧力を加えている”などと反論しています」

 と、先の記者。文在寅政権と検察とのガチンコの争いが始まっている、というのである。

 李教授は、

「今回、注目されているのが、検察の本気度です」

 と言って、こう続ける。

「8月末、約30カ所にガサ入れをしたのは、検察から文政権への“チョグクを法相に任命するのをやめろ”というメッセージだったと言われています。しかし、それでもやめる気配がないので、チョグクの妻の起訴に踏み切ったのです。これは“妻を逮捕することもありうる”という意味を込めた、検察からの最後通牒でした」

 そして、状況はいよいよチョ氏にとって不利になりつつあるようだ。

「妻が起訴された東洋大の表彰状偽造ですが、チョグクは人事聴聞会で、自身の関与を否定しました。ところが、当の東洋大総長が9月7日朝、テレビの取材に対して、チョグク本人から“表彰状は偽造ではなく、総長として妻に発給を一任したことにしてほしい。そうすればお互いケガをしない”と、脅迫まがいのことを言われたと証言したのです。また、チョグクの妻から13回も電話があり、うち2回は通話しているとも証言しました。チョグクは聴聞会では“(妻は総長と)1回しか話していない”“(自分は)話していない”と答えていたのです」

 ちなみに、「コリア・レポート」編集長の辺真一氏によれば、東洋大総長は、

「反文在寅運動の中心人物として有名な人」

 だそうである。また、チョ氏の娘が釜山大医学専門大学院で、2度も落第しながら奨学金を受け取っていた件は、李教授によれば、

「チョグクの娘に奨学金を支給させた教授が推薦した医者が、文大統領の主治医になっていたことも疑問視されています。大統領の主治医は、すぐに駆けつけられるようにソウルに住んでいないといけないのに、ヘリで1時間かかる釜山在住の医者が選ばれたのは不可解だ、というのです。チョグクがなにかしら人選に関わった、と見られています」

 こうした疑惑に対する検察の動きに対し、

「最初は“田舎のプロレスみたいなものだろう”と思って見ていましたが、どうやらガチンコで政権とやり合う方針なのだ、ということが見えてきました」

 と、産経新聞の元ソウル支局長で、現社会部編集委員の加藤達也氏が語る。

「尹錫悦(ユンソクヨル)検事総長は朴槿恵事件の際、“人に忠誠は尽くさない”と言い放った人物。さらに検察の権力を奪おうとする現政権に対する反発、危機感が組織としてあるので、ここまでの本気度を見せているのでしょう」

 文大統領が、朴政権を追及した功労者として、尹氏を地検から大抜擢した際は批判を浴びたが、彼は“飼い犬”にはならなかったのだ。辺氏が補うには、

「チョグク氏は以前から“検察は魔物だ”と発言し、“検察の既得権益を削ぐ”と宣言してきた人物です。それだけに検察は、チョグク氏が法相に就任することだけは避けたかったでしょう」

 だが、あらためて深まるのが、なぜ検察をすっかり敵に回してまで、文大統領はチョ氏を法相に任命したのか、という疑問である。

(2)へつづく

「週刊新潮」2019年9月19日号 掲載

関連記事(外部サイト)