ついに逮捕されたチョ・グク前法相「夫人」、カギを握る資産管理担当の怪しい証券マン

ついに逮捕されたチョ・グク前法相「夫人」、カギを握る資産管理担当の怪しい証券マン

チョ・グク前法相(青瓦台HPより)

 10月24日、文在寅大統領の側近、チョ・グク前法相の妻のチョン・ギョンシム東洋(トンヤン)大教授(57)が逮捕された。彼女はすでに私文書偽造の容疑で在宅起訴されているが、今回の逮捕状の容疑は、家族ファンドの運用を巡る業務上横領や証拠隠滅教唆容疑など、実に11件にも及んでいる。一体、どんな人物なのか。

 ***

 まずは、すでに起訴されている私文書偽造について説明すると――。

 2012年9月、娘が釜山大医学専門大学院の入学で有利になるように、チョン夫人は自身が籍を置く東洋大の総長から贈られたという表彰状を勝手に作成したとされる(私文書偽造)。疑惑発覚後、東洋大の総長は表彰した事実はないとし、検察による強制捜査後、チョ氏やチェン夫人から電話でウソの証言をするよう求められたと語った。

 今回の容疑は――、

 15年、チョン夫人は、チョ氏の親類の男性が実質的な所有者とされる私募ファンド運営会社の株式を借名で保有し、未公開情報を利用して新興企業に投資した疑いが持たれている。検察は、チョ氏の親類を投資先企業から横領した疑いで逮捕しているが、横領した金がチョン夫人に流れた疑いがあるという。

 彼女は、検察が家宅捜査を行う2日前の9月1日、東洋大の自分の研究室に彼女の資産管理担当者と一緒に出向き、デスクトップパソコンや大量の資料を搬出した。同時に、自宅のパソコンのハードディスクも交換しており、検察は証拠隠滅をはかった行為が裏付けられたと見ている。

 11件もの逮捕容疑の中には、偽造した東洋大総長の表彰状を複数の大学入試に使用した私文書偽造行使や大学の入試選考を妨げた公務執行妨害と業務妨害の容疑も新たに加えられている。

 逮捕状が請求されたこと受け、チョン夫人は脳腫瘍や脳梗塞を患っていると訴えていた。つまり、身柄拘束には耐えられないというわけだが、

「検察は、それが仮病であるという証拠を掴んでいました」

 と解説するのは、ライターの崔碩栄氏。

「チョン夫人は、かなり裕福な家庭で育ったようで、ソウル大学英語英文学科を卒業後、イギリスのヨーク大学で修士号を、スコットランドのアバディーン大学で博士号を取得しています。専攻は英文学で、東洋大では英語を教えている。彼女はかなりの教育ママで、投資にも詳しい。逮捕状が請求された時は、家族のために頑張ってやってきただけなのに、私だけ逮捕されるのはおかしいと、検察の捜査には怒り心頭です」


■チョ氏に一目ぼれ


 チョ夫妻は、ソウル市でも高学歴者や富裕層が集まる江南のマンションに住んでいる。

「古いマンションですが、価格は20億ウォン(約1億8000万円)もします。チョ夫妻は、マンションでは評判が悪いようですね。住民には挨拶もしないで、お高くとまっているそうです。一連の疑惑が明るみになってから、報道陣がマンションに押しかけていますが、テレビのカメラがマンション内に入ると、チョン夫人は、『ここまで入ってきたら、警備員の責任になりますよ。警備員を追及したら、どんな目に遭うか知っていますか』と高飛車な態度でカメラマンや記者を叱責。世間のヒンシュクを買っています」(同)

 一般の韓国人は、彼女のことを冷ややかに見ているという。

「東洋大の研究室からパソコンや書類を持ち出したとき、チョン夫人は自分の資産を管理してもらっている証券マンに手伝わせています。その様子は大学の監視カメラの映像に映っていますが、2人とも半ズボン姿でした。その格好から2人はよほど親しい間柄じゃないかと話題になっています。証券マンは、チョン夫人の家族旅行にも同行するほど仲が良いのですが、ネット上では、“2人はデキているのではないか”と噂されているほどです」(同)

 この証券マンは、検察からすでに事情聴取を受けたが、

「証券マンが検察にすべて隠さず証言したところ、チョン夫人は逆ギレして、『あなた(証券マン)は私に対して、そんな行動をしていいと思っているのか。私との関係を考えればできないはず』と発言。かえって2人の関係は怪しいと言われ始めました。とはいえ、逮捕も覚悟していたようで、すでに人権弁護士を18人も雇っています」(同)

 産経新聞ソウル駐在特別記者の黒田勝弘氏もこう解説する。

「チョン夫人はチョ氏より3歳年上で、いわゆる典型的な姉さん女房ですね。2人ともソウル大学出身なのですが、大学時代、イケメンだったチョ氏に一目ぼれして、チョン夫人が『お茶でもどうですか?』と彼を誘ったそうです。ずいぶん積極的な女性だったと言われています」

 チョ夫妻は、典型的な韓国人家庭を築いたようだ。

「儒教の教えから、家事や家計を切り盛りするのは妻の役目というのが韓国の伝統です。チョン夫人もそれをわきまえていて、子育てや投資に熱心だった。チョ氏の父親は学校を経営しているのですが、最近は経営が思わしくなくなった。それもあってチョン夫妻は、新たに病院経営を考えていたそうです。不正を犯してまで娘を医学部に入れたのはそのためと言われています」(黒田氏)

 夫人が不正に手を染める背景には、韓国特有の事情があるようだ。

「韓国では、夫が権力者で妻が投資に熱心だと、出入り業者が夫の権力を利用するために妻に金を貢ぐケースが多いのです。典型的なのは、文在寅大統領が師と仰いだ盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領です。妻の権良淑(クォン・ヤンスク)が盧大統領の後援者から100万ドル受け取っていたことで、彼女は地検に呼び出された。それを苦にして盧武鉉は自殺しました。盧武鉉と同じで、夫のチョ氏は妻の不正を黙認していたのではないでしょうか」(同)

週刊新潮WEB取材班

2019年10月24日 掲載

関連記事(外部サイト)