慰安婦デモ28年の歴史にピリオド・聖域を解体…「歴史的な水曜日」を語る

■「反安倍反日青年学生共同行動」の登場


 2020年6月24日は、「歴史的な水曜日」として記録された。日本大使館前に設置された慰安婦像の前で、右派市民団体の自由連帯(李煕範/イ・ヒボム代表)らが、「共に民主党」所属の国会議員・尹美香(ユン・ミヒャン/55)の議員辞職と「正義記憶連帯」の解体を要求する集会を開催した。言うまでもなく、そこは、尹美香議員と議員が代表を務めた「正義記憶連帯」が、日本軍慰安婦に関連し、28年に亘って毎週水曜日に集会を開いて日本に謝罪を要求してきた場所である。

 ***

 集会を開いた経緯について、当事者である自由連帯の金相鎮(キム・サンジン)事務総長に聞いた。

――自由・右派の市民団体として初めて「慰安婦像」の前で集会を開いた理由は何ですか?

 今年5月、「日本軍慰安婦」被害者の李容洙(イ・ヨンス/92)さんが行なった暴露記者会見。結果、慰安婦被害者らを代弁してきたという「正義記憶連帯」とその理事長だった尹美香議員が、善意を持つ人々を騙してきたことがすべて明らかになった。

 どうするべきか悩み、尹美香議員と「正義記憶連帯」の偽善集会ともいえる日本大使館前の「水曜デモ」を中止させ、彼らに法的責任を負わせるべきだという結論に達した。5月中旬のことだ。
 そして、その気持ちが固まった10日後に、「正義記憶連帯」が過去28年間、集会を開いてきたソウル特別市鍾路(チョンノ)区の日本大使館向いにある慰安婦像の前で集会を開催する集会申告書を警察に提出した。

――「正義記憶連帯」を追い出して集会を開いたことについて、もっと詳しくお願いできますか。

 自由・右派陣営で多くの集会を主管した一人として、「集会及びデモに関する法律」(以下「集示法」)を、警察より知っていると自負している。実際、当初は「正義記憶連帯」が日本大使館で開催してきた「水曜集会」は、「集示法」に規定された「集会」ではなく、記者会見にかこつけた「便法集会」だと推測していたが、ペン・アンド・マイク記事を読んでそうではないことがわかった。
 ソウル鐘路警察署が「正義記憶連帯」の日本大使館前での集会を事実上庇護してきた状況が記事によく表れていた。鐘路警察署の集会申請受付担当者の意思なのか、 おそらくは上部から何らかの指示があったのではないかと思う。

「対国民詐欺集団」ともいえる「正義記憶連帯」を解体させて、尹美香議員を辞職させる目的を達成するには、まず「正義記憶連帯」がこの28年間、毎週水曜日に集会を行ってきた聖域、その場所から締め出すことが重要だと考えた。そのためには「集会開催団体」にならなければならない。 鐘路警察署には、集会申請を待つ市民のための待合室があり、そこで24時間座り込みをしながら、集会申請書を最初に提出するボランティアを集めるまで10日かかった。

「集会及びデモに関する法律」には、集会開催予定日の720時間前から48時間前の間に集会申告書を提出しなければならないという規定がある。「720時間前」は日数で言うと「30日前」で、日本大使館前の「正義記憶連帯」側の集会を追い出すことを決意してから、ボランティアを集めて集会を開くまで約40日かかった計算だ。

――「正義記憶連帯」や支持者からある種の抵抗を受けると予想していましたか?

 当然だ。集会申請前の段階からそう仮定して戦略を立てた。まずは、制度レベルの「妨害工作」だった。金永椶(キム・ヨンジョン)鍾路区長は、尹美香議員が現在所属している与党「共に民主党」の党籍を持っている。実は、私たちはすでに光州広域市でも似たような経験をしたことがある。光州で集会を開こうとした時、民主党所属の李庸燮(イ・ヨンソプ)光州市長が「新型コロナウイルスの防疫対策」と称して集会の開催を禁止する行政命令を宣言したため、集会を開催できなかった。

 鍾路区の光化門広場一帯は今年2月から新型コロナウイルスの拡散防止対策の一環で、集会禁止区域に設定されている。ところが、慰安婦像が置かれている日本大使館前の路地だけ集会禁止区域から除外されている。なぜか。「正義記憶連帯」の「水曜デモ」に行政が配慮したと推論するのが合理的だろう。
 金区長は「集会禁止区域」を拡大しなかった。自尊心がかかっている問題だったようだ。光化門広場一帯に集会禁止区域が初めて設定されてから4カ月経った今、慰安婦像がある路地を'集会禁止区域'に指定すると、区長の体面が保たれない。

 次に、「正義記憶連帯」ないし彼らの支持者による「直接行動」を警戒した。どうやら「正義記憶連帯」は直接出ない代わりに「反安倍反日青年学生共同行動」という学生前衛組織を前に出したようだ。

■典型的な「革命戦士」の姿をした慰安婦像前のデモ隊


――24時間座り込みに入った「正義記憶連帯」側の「共同行動」。警察側の対応についてどう思いますか?

 非常に不公平だ。大統領府側の下命があったか、あるいはその顔色を窺っているかのようだ。
 24日の集会開催当日、座り込みという名の下に、慰安婦像を取り囲んで自分たちの体をロープで結ぶパフォーマンスに参加した若者が25人ほどいた。警察側の説明によると彼らは少なくとも現行法を5つの点で違反している。 警察側は当初、もし集会場所の不法占拠があれば、彼らを強制的に連れ出すとしていたが、実際に彼らが集会場所に乱入すると、警察側の発言が変わった。「事故予防」のため強制連行が難しいという説明だった。

「反安倍反日青年学生共同行動」は、親北・反米性向の「民衆民主党」傘下の前衛組織と把握されているが、同様に親北性向の団体で、反米運動に熱心な「大学生進歩連合」ともおそらく深い関係を持っているだろう。青瓦台側の人物が「大学生進歩連合」の関係者と顔を合わせていたという月刊朝鮮の報道もあった。だから、私は「反安倍反日青年学生共同行動」の不法行為を警察側が事実上幇助していると考えている。

 特に「民衆民主党」はここ数年、ソウル鍾路区所在の駐韓米国大使館前と京畿道平沢市に駐屯している在韓米軍基地前で、「在韓米軍の撤収」を主張する「1人リレーデモ」を続けてきた。駐韓米国大使館前で彼らが続けてきた「1人デモ」の場所は私が今年4月に奪った。その場では現在、右派市民が「韓米同盟の強化」を促す内容の「リレー1人デモ」を70日以上続けている。

――「正義記憶連帯」も北朝鮮と関係があると見ていますか。

 朝鮮日報など国内メディアを通じ、すでに知られている事実だ。尹美香議員の夫で、水原市民新聞の発行人である金三錫(キム・サムソク/55)氏は1990年代の有名な「兄妹スパイ団」事件ですでに刑事処罰を受けているし、脱北者を相手に越北を勧めたという疑惑を持たれてもいる。

 慰安婦被害女性の名前を冠した奨学金が、親北団体所属の関係者らに支給されたという報道もあった。先に言及した「反安倍反日青年学生共同行動」の関係者は慰安婦像の周辺に座っているが、典型的な「革命戦士」の姿をしている。 内部的には徹底した命令体系が存在しているように見え、その点からも、このような一糸乱れぬ行動をするよう誰かの指示・教育を受けているとしか考えられない。


■偏向教育で国家価値観の崩壊と超独裁


――これらの団体が反日活動に没頭する理由は何だと思いますか。

 軍事・経済同盟国である韓日の国民を仲違いさせる戦略とみられる。
 北朝鮮の「対南赤化統一戦略」に、「冠の紐戦術」というものがある。大韓民国の安保は、韓米関係と韓日関係の2つの柱で成り立っているが、このうち一つが切れれば、韓国の安保そのものを崩壊させられると、北朝鮮政権は見ているようだ。

 韓米関係は周知のように比較的堅固な方だ。しかし、国内で行われている反日教育の影響で、韓日関係は非常に脆弱だ。彼らはこの部分を集中攻撃しているようだ。その中で最も脆弱な部分がまさに“慰安婦問題”と言える。彼らはこれまで、韓日関係を破綻に追い込むために、慰安婦問題を両国を仲違いさせる道具に使ってきているし、これからも執拗にこの問題に食い下がると思う。そのまま放っておくわけにはいかない。
 私は大韓民国の国民の1人として、「大韓民国の自由民主主義と市場経済」という崇高な価値を守るため、韓米日は軍事安保・経済同盟で共に進まなければならないと考える。それだけが、韓国が中朝露同盟に対抗できる唯一の道だ。

――「慰安婦像」前の集会で、「自由連帯」が日本にも広く知られている。伝えたいメッセージはありますか。

 韓国の状況は今とても厳しい。韓国の自由民主主義が崩れる危険に瀕している。日本の「日教組」に比肩する「全教組」の偏向教育で、国家価値観の側面でも韓国は完全に崩壊してしまっている状態だ。
 今年4月に実施された第21代国会議員総選挙で、保守野党が惨敗した。大統領、各地方自治体、軍と警察、立法府、司法府まで、すべて与党「共に民主党」が掌握してしまった。独裁は極まっている。少数の韓国人で自由民主主義と市場経済体制を守ろうと懸命に活動しているが、衆寡敵せずの状態だ。国内はもちろん海外からの応援または支援が切実な状況といえる。

 すでに慰安婦像前の集会直後、文在寅(ムン・ジェイン)政権は我々に対する弾圧を開始した。集会開催翌日の6月25日、YouTubeチャンネルがすべて一方的に削除されたのだ。 この過程で、我々はグーグル側からいかなる警告メッセージも受けていない。しかし、暴力とテロをそのまま中継放送で流している左派YouTubeチャンネルは健在だ。グーグルが政治的圧力を受けて韓国のチャンネルを削除したことが分かる間接証拠だ。
 私たちのメッセージを伝えることができる多様なチャンネルを確保しなければならない。まるで「独立軍」になった気分だ。

 しかし、我々は屈しない。今後、尹美香が国会議員職から降りて、「正義記憶連帯」が解体されるまで、慰安婦像の前での“水曜デモ”を続けていく計画だ。

朴舜鍾(パク・スンジュン)
2016年、韓国外国語大学日本語科卒業(文学士・経済学士)後、19年に「ペンアンドマイク」入社(外交・政治・国際チーム)

週刊新潮WEB取材班編集

2020年6月28日 掲載

関連記事(外部サイト)