文在寅も喜ぶコロナ禍で売上増「韓国ラーメン」…元は日本の会社という皮肉

コロナ禍で売上増「韓国ラーメン」 元々、技術を無償で提供したのは日本の食品会社

記事まとめ

  • 韓国の大手食品メーカー「農心」の米国法人は、今年上半期の売上が過去最高を記録した
  • 新型コロナウイルスの影響でインスタントラーメン「辛ラーメン」を楽しむ人が増加
  • 文在寅大統領も喜びそうだが、韓国の即席麺業界に技術を提供したのは日本の食品会社

文在寅も喜ぶコロナ禍で売上増「韓国ラーメン」…元は日本の会社という皮肉

■技術を無償で、製造機械を原価で提供したのは日本の食品会社


 韓国の大手食品メーカー「農心」の米国法人は、今年上半期の売上が、前年同期比35%増の1億6400万ドルとなり、過去最高を記録した。新型コロナウイルスの影響で「ホームクック」トレンドが強まり、農心のインスタントラーメン「辛ラーメン」にチーズを入れて食べるなど、さまざまな形で楽しむ人が増えているからだ。食品メーカートップとも親しい文在寅大統領の嬉しそうな表情が目に浮かぶが、元々、韓国の即席麺業界に技術を無償で、製造機械を原価で提供したのは、他ならぬ日本の食品会社だった。

 米国市場における辛ラーメンの売上は今年の上半期、前年同期比25%増の約4800万ドルに達した。

 韓国語でラーメンを意味する「ラミョン」は、通常、インスタントラーメンを指す。スーパーやコンビニなどでは100種類を超えるインスタントラーメンが販売されている。

 最も人気が高いのは農心の「辛ラーメン」で、三養食品の「三養ラーメン」、オットギの「ジンラーメン」が続いている。

 飲食店でラミョンを注文すると、辛ラーメンに具材を加えた料理が供される。辛い料理は「辛ラーメンと同等の辛さ」、「辛ラーメンより辛い」などと、辛さの基準に使われるほど生活に根付いており、大韓航空やアシアナ航空も辛ラーメンを採用している。

 韓国の即席麺は1963年、日本の技術で誕生した。

 第1号は三養ラーメン。後発の辛ラーメンに人気の面では劣るが、三養ラーメンは日本の技術に恩恵を受けたと公表している数少ない製品だ。

 事実、三養ラーメンのホームページには、日本の明星食品から機械と技術を取り入れ、韓国で初めてラーメンを発売したと明記されている。

■韓国のラミョンは辛いほど人気がある


 朝鮮戦争後の食糧難が続いていた60年代初期、三養食品を創業した全仲潤氏は、ソウル・南大門市場で1杯5ウォンのお粥を買う行列を見て、庶民たちの飢えを解決しなければならないと考えた。

 コメの代わりに手軽に食べられる食品を求め、日本を訪問した時に食べたラーメンを思い出して、食糧問題を解決する唯一の道だと考えた。

 全仲潤氏は政府の商工部と交渉して5万ドルを借り受け、日本のメーカーを訪ね歩いた。

 国民の窮乏を救いたいという氏の思いに共鳴した「明星食品」の当時の奥井清澄社長が、技術を無償で供与し、製造機械を原価で提供した。

 日本は日韓基本条約に基づいて韓国に有償と無償合わせて11億ドルを支援したが、明星食品の支援は条約締結の2年前で、三養食品はもちろん韓国政府も金がなかった。

 1963年9月15日、三養ラーメンは、1袋10ウォンで販売を開始した。役員は赤字になると反対したが、全氏は国民の窮状を救うためだと低価格を押し通した。

 当初は日本と同じレシピだったが、その後、辛さを増すなど韓国人の嗜好に合わせて手を加え、現在に至っている。

 韓国のラミョンは辛いほど人気がある。袋麺は辛ラーメンや三養ラーメンが定番だが、大手コンビニのGS25で最も売れているカップ麺は、三養食品の「ブルダック炒め麺」で、GSのプライベートブランド「オモリキムチチゲラーメン」が2位につけている。

「ブルダック焼きそば」は36%、「オモリキムチチゲラーメン」は29%を20代の女性が購入しており、ほかに三養の「カルボナーラブルダック炒め麺」、八道の「トゥムセラーメン」、「ホンラーメン辛チーズ麺」など20代女性の購入比率が高い製品が上位を占めている。

 ダイエットに執着する女性はスープが多いほどカロリーが多いと考え、スープがない麺を選択する。また辛い食べ物を食べてストレスを発散するなど、辛い麺を求める傾向が強い。

■三養以外は日本から技術供与を受けたことを一切公開せず


 辛さの指標であるスコビル指数(SHU)は、辛ラーメンの2700SHUに対し、ブルダックシリーズで最も辛い「ヘクブルダック焼きそば」は10000SHU、八道(パルド)のトゥムセラーメンも9413SHUあり、とてつもない辛さである。

 三養食品は国内外で2800億ウォン(約266億円)以上を売り上げたヒット商品「ブルダック炒め麺」シリーズを携えて、初の海外拠点として恩を受けた日本に現地法人を設立した。

 2018年の総輸出額2000億ウォンに対して日本は36億ウォン台にとどまっており、てこ入れを目論んでいる。

 韓国のインスタントラーメン市場で長いあいだ、農心と三養がシェアを2分し、ジンラーメンを販売するオットギが追いかける構図だったが、後発の「八道」が3位に浮上してきた。

 八道は韓国ヤクルトのラーメンブランドで2011年に発売した白いスープでありながら、赤いスープと同じ辛さの「コッコ麺」がヒットして、一気にシェアを拡大。

 スープがなく辛いソースを絡めて食べるビビン麺も人気が高く、日本に輸出するほか、ロシアでの販売を伸ばしている。

 三養ラーメンは日本の技術を得たと公にしているが、辛ラーメンをはじめ、三養以外のブランドは日本から技術供与を受けたことを一切公開していない。

「八道」に3位の座を明け渡したオットギはカレーライス市場を独走している。ケチャップとマヨネーズは技術供与を受けたカゴメやキューピーを模倣したパッケージだが、他の製品はダサいといわれる黄色いパッケージが特徴だ。

 オットギは1969年、カレー粉を製造する食品会社として創業。当時、韓国ではエスビー食品と第一食品化成工業がカレー粉を販売していた。

 エスビー食品のカレー粉をベンチマークしたであろう昭和の給食カレーを彷彿とさせる黄色い色と甘い味が定着している。

■果たしてレシピの漏洩を防止できるか?


 それから2007年、韓国に進出したCoCo壱番屋は2つの壁にぶつかった。

 カレーライスといえばオットギの給食風カレーをイメージする韓国で、日本式カレーが受け入れられるのか、そして、レシピの漏洩を防止できるかである。

 韓国のCoCo壱番屋はCoCo壱番屋とハウス食品、農心の合弁である。農心はロッテを創業した故重光武雄氏の実弟が創業し、日本を‘ベンチマーク’した商品を数多く手がけている。

 日本の中堅食品メーカーに提携を申し入れ、技術を得ると提携を一方的に解消した“前科”も噂されている。

 ハウス食品はかつて、かつて農心に製麺技術を提供した経験から、レシピの漏洩を警戒した。そこで、基本のカレールーを日本から輸入し、最終調理を韓国で行うことにした。

 日本から輸入すると、コストが上がり値段を高く設定せざるを得なくなる。昭和の給食カレーとの差別化が必須となるが、訪日観光がブームになりはじめていた頃で、日本のCoCo壱番屋を体験した韓国人も現れはじめていた。韓国CoCo壱番屋は、日本式にこだわることにした。

 日本でカレーといえば福神漬けだが、韓国は甘いカレーにキムチを添える。飲食店が供するキムチは食べ放題が基本である。

 韓国のCoCo壱番屋がスタートした当初、利用客からキムチはないのかというクレームが続出したが、運営を担ったハウス食品の現地責任者は、キムチを出さない方針を貫いた。


■模倣されたとして訴訟を起こすが、ことごとく敗訴


 福神漬けは日本から輸入するためコスト増にはなるが、日本のカレーにキムチは合わないからである。

 いまCoCo壱番屋は韓国内で30店余りを展開している。

 韓国の日本食事情に詳しい在韓日本人コンサルタントは、「もしCoCo壱番屋が韓国人の嗜好に合わせていれば、農心のネームバリューと資金力なら短期間で100店浦をはるかに超えただろう」と話すが、その一方で、「店舗展開を犠牲にしてもレシピの漏洩を防いだハウス食品に賛同する」とも分析する。

 日本を‘ベンチマークした’と主張してきた韓国の食品会社は、新たな問題を抱えている。

 中国はもちろん韓国内でもコピーが増えているのだ。「A社製品と思って買ったが、家に帰って開けてみるとB社製品だった」と購入したスーパーやコンビニに交換や払い戻しを求める客も現れている。

 日本製品を模倣した韓国食品メーカーが、同じ韓国メーカーに自社製品を模倣されたとして訴訟を起こす例が相次いでいるが、ことごとく敗訴している。

 即席麺に限って言うなら、技術を無償で、製造機械を原価で提供したのは日本の食品会社だったという原点に立ち返るべきではないだろうか。

佐々木和義
広告プランナー兼ライター。商業写真・映像制作会社を経て広告会社に転職し、プランナー兼コピーライターとなる。韓国に進出する食品会社の立上げを請け負い、2009年に渡韓。日本企業のアイデンティティや日本文化を正しく伝える必要性を感じ、2012年、日系専門広告制作会社を設立し、現在に至る。日系企業の韓国ビジネスをサポートする傍ら日本人の視点でソウル市に改善提案を行っている。韓国ソウル市在住。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年9月7日 掲載

関連記事(外部サイト)