親「文在寅」ママたちの集うインターネットコミュニティが「反文在寅」に変わる時

■取り込んだママカフェに税金


 文在寅大統領は、「K-防疫」と名付けられた新型コロナウイルスの防疫体制が世界最高水準だと自画自賛し、高い政権支持率を維持してきた。しかし、コロナ第3波が拡大して感染者数が過去最多を更新する昨今、支持率は30%台に急降下。文政権を支持してきたママ達のインターネットコミュニティでも「反文在寅」ののろしが上がりはじめた。

 韓国にもテーマや目的に特化した意見を自由に交換するインターネット掲示板があり、「カフェ」と呼ばれている。

 その1つ、「ママカフェ」は育児や教育、病院など子育てに関する情報交換が行われ、子育て中の母親達の間で、一般的なウェブサイトなどより情報伝達が速くて正確と認識されている。
 ママカフェに対する母親たちの忠誠心はとても高い。

 文在寅大統領は朴槿恵前大統領の罷免を求めた“ろうそく集会”が巻き起こった頃からママカフェを利用してきた。

 当時、大統領選を控え、ママカフェの特性を弁えていた文在寅候補は、ママカフェの運営者に会って協力を打診し、選挙活動を展開していった。

 遊説を聞いた運営者らは熱心な文在寅支持者になり、それが各地に広がり、これが大統領勝利に繋がった要因のひとつと言っても過言ではない。

 文在寅は大統領就任後もママカフェを活用して高い支持率を維持してきたし、アメを与えることも忘れなかった。
ママカフェを「社会的企業」に認定し、3000万ウォン(1ウォン=0.095円)の支援金を支給した。

 大統領就任前の2017年に950億ウォンだった社会的企業に対する財政支援は、18年と19年は1100億ウォンに増額された。

 バラマキと言ってもいい、その支援対象は主として文政権を支持する勢力だ。

■文大統領ファンクラブ?


 支援金を受け取った中には各地のカフェ運営者も多く、彼らは文政権に不利な意見を書き込んだ会員を強制的に脱退させた。

 自由な雰囲気が魅力的だった掲示板は、文政権支持と反日感情を煽るコメントで溢れるようになった。

 韓国で社会現象になり、日本でも翻訳書が話題になった『82年生まれ、キム・ジヨン』は、政策の影響を直に受ける1982年生まれの主婦を主人公としている。

 その世代生まれのママ達で構成されている「82クック(82年世代)掲示板」にも、文大統領による公約のすみやかな実行や改革姿勢に期待する与党支持の意見が集まっていた。

 特に教育改革で私立幼稚園や英語幼稚園、学校カリキュラムの改革案が出されると、掲示板における政権支持への熱量は大いに高まった。

 ママカフェは文大統領ファンクラブの様相を呈しているかに見えたが、実際は、「声が大きな少数の親文派ママ達」が流れを作っていたに過ぎない。

 残りの一般会員はおおむね、その流れを積極的に否定しなかったと見ていいだろう。

 しかし、゙国(チョ・グク)事件や不動産価格の高騰、教育改革の遅れ、そしてコロナ対策の失敗など、文政権の失策が相次ぐことで、一般会員のママ達が声を上げ始めた。

■富裕層ママもアンチに


 相変わらず親文派が「文大統領を応援しています」というコメントを出せばすぐさま、「4年目にこの程度(の公約の実現度)なんてある意味すごい」、「みんな後ろを向いているよ。82クックを除いて、(支持する人を)見たことない」「文政権に対するアンチ評価、発足以来最高値」「文政権の支持率、誰が信じますか?」といった書き込みが相次いだ。

 さらにソウルの仁憲(インホン)高校の生徒が、「学校から反日行為を強要された」と抗議をしたニュースが報道され、日本をはじめ世界中を駆け巡ると、父兄の間から「こんな大統領を選んだ我々を許してください」など抗議した学生に謝罪する事例が相次いだ。

 教育熱が高い2つの地域の母親達の教育コミュニティサイト、「江南ママVS木洞ママ」も同様で、教育や不動産問題が大きくなるにつれ、アンチ大統領の意見が増えはじめた。

 特に江南は富裕層エリアで、韓国社会をリードしているだけに、江南ママは影響力が大きい人も多く、運営者がコメントを削除したとしても、すべてをなかったことにはしづらい。

 江南では子供の教育のために良い学区に引っ越しをするのが通例で、子供の成長と共に住む場所を変えるママ達にとって、不動産問題は教育問題と切っても切れない。その江南ママ達が堂々と反文在寅発言を始めているのだ。

「所詮、ろうそく集会で勝ち取った政権だから、やることなすこと灯のように儚いのだろう」などと揶揄する声も上がっている。

 補助金が突っ込まれて政治的な色を帯び、文政権を巡って肯定・否定論が飛び交うような「子育て関連情報交換コミュニティ」に、誰が真っ当な子育て情報を求めるだろうか。

北条時こ(ほうじょう・ときこ)
1976年生まれのライター。韓国人の夫と共に渡韓し、ソウル在住。

週刊新潮WEB取材班編集

2021年1月9日 掲載

関連記事(外部サイト)