「孫興民まで中国のものに…」 英所属チームが春節祝賀広告に孫の肖像使用…韓国で反発「移籍しろ」

イングランドプレミアリーグ(EPL)のトッテナム・ホットスパーが中国の春節を祝う電光掲示板にソン・フンミン選手のイメージを登場させたことが韓国で物議を呼んでいている。
 

 
去る6日(現地時間)、ロンドンにあるトッテナム・ホットスパー競技場のニュースを伝える公式インスタグラムは中国春節を祝い、「LunarNewYear」(旧暦正月)というメッセージと共にソン・フンミン選手を登場させた。
 

トットナムの春節祝賀バーナー/トットナムSNSより
 
投稿の中で、ソン・フンミンはトッテナム女子チームのタン・ジアリ選手と共に漢字で書かれた祝賀バーナーを持った姿(イラスト)で収められた。

中国の祭りである春節を祝うイメージに、韓国人であるソン・フンミンを登場させたトッテナムに対して韓国では批判の声が続いている。韓国メディアなどは「ソン・フンミンは中国人か?」「トットナムの失敗」などのタイトルで一斉に報じた。

特に最近、韓国と中国の文化的葛藤が高まっている中で、まさに「最悪のタイミング」となったようだ。北京五輪開幕式では韓国の民族衣装「韓服」とみられる衣装をまとった出演者が中国国旗のリレー演出に加わり、韓国与野党やマスコミ、ネットユーザーから大きな反発の声が出ていた。
 

ソン・フンミンとタン・ジアリ
 
また、旧正月の英語表記が「Chinese new year」であることに韓国では反対の声が各所から出ていた。

韓国のネットユーザーからは

「トットナムは狂ったのか」

「韓服からキムチ、歴史に至るまで露骨に属国化を進める中国なのに、現政権は無対応だ」

「中国から植民地扱いされても何も言えないから他国からも属国のようにみられる…」

「バーナーを作ったスパーズの関係者が中国から賄賂をもらったに違いない」

「ソン・フンミンまで中国のものにするのか」

「基本ができていない…早く移籍しろ」

などのコメントがネット掲示板に投稿されている。
 

関連記事(外部サイト)