韓国のAI半導体特許数、日本と台湾を制す 第3世代で先行

韓国のAI半導体特許数、日本と台湾を制す 第3世代で先行

韓国のAI半導体特許数、日本と台湾を制す 第3世代で先行の画像

人工知能(AI)半導体分野の全世界特許申請量において、韓国が米国と中国に次いで3位となったことが分かった。

韓国特許庁が民間経済専門家ネットワークである経済追撃研究所とともに調査し、22日に発表した「AI半導体の産業競争力分析結果」によると、2006年以降2020年までにAI半導体分野(1〜3世代)で米国(37%)と中国(36%)が全世界特許申請量を二分した中、韓国(8%)が3位、日本(6%)が4位、台湾(2%)が5位となった。

AI半導体は低電力で大量のデータを同時に処理し、既存の半導体比1千倍の人工知能演算電力効率を実現する。

世界最大の市場であり、核心技術中心に特許申請される米国での特許動向を見ると第1〜3世代前の分野で米国が圧倒的1位を占めた。

韓国はAI半導体の第1・2世代で中国・日本・台湾と2位を占めて激しく競争する構図だが、次世代新技術である3世代ニューロモルフィックでは日本と台湾を抜いて大きな差で2位を記録した。

現在はAI半導体技術において多少遅れをとっているが、今後、ニューロモルフィック技術を中心に米国と共に韓国が先行できるとの見方を特許庁は示した。

AI半導体の主要特許申請人を見ると、全分野でインテル、IBM、サムスン電子など既存半導体・コンピューティング分野の有力企業が上位を占める中、次世代ニューロモルフィック分野ではサムスンとSKハイニックスがそれぞれ2位と5位を記録した。

キム・ジス特許審査企画局長は「AI半導体は人工知能とシステム半導体が融合される核心戦略分野で、炭素中立・デジタルニューディールの成功とも密接に結びついた必須産業」とし「AI半導体産業の競争力向上に寄与するよう特許審査政策を推進するだろう」と明らかにした。

関連記事(外部サイト)