なぜロシアで避妊具の買い溜めが起きているのか? 薬局は売上急上昇…海外紙報道

なぜロシアで避妊具の買い溜めが起きているのか? 薬局は売上急上昇…海外紙報道

なぜロシアで避妊具の買い溜めが起きているのか? 薬局は売上急上昇…海外紙報道の画像

ロシアでコンドームの買い溜め減少が起きているようだ。

英ミラー紙は20日(現地時間)、ロシアでコンドームの需要が増加し、ブランドによっては価格が50%まで引き上げられたと伝えた。

報道によると、ロシア最大のオンラインショッピングモール「ワイルドベリー」では、昨年同期と比較して3月の最初の2週間でコンドーム販売が170%も増加したという。

ロシアの有名薬局チェーンも売上が26%増加し、一部のスーパーマーケットでも販売量が30%以上増加したことが分かった。

一部のブランドは売り切れを防ぐために価格を50%まで引き上げた。

ロシアのある成人用品店の社長であるイェセニア・シャモニーナは「私たちが価格を上げたにもかかわらず、人々は今後を懸念して購入している」と明らかにした。

ミラーはこのような現象に対して「プーチンロシア大統領のウクライナ侵攻以後、自国経済に対する国民の信頼が崩れたため」と分析した。

ロシアでは年間6億個のコンドームを輸入し、1億個のコンドームを生産することが分かった。

関連記事(外部サイト)