自国兵器に返り討ちに…宇のソ連製防空網S-300が露戦闘機を次々撃墜 東欧諸国らも支援へ

自国兵器に返り討ちに…宇のソ連製防空網S-300が露戦闘機を次々撃墜 東欧諸国らも支援へ

自国兵器に返り討ちに…宇のソ連製防空網S-300が露戦闘機を次々撃墜 東欧諸国らも支援への画像

40年以上前にソ連が製作した防空システムがロシア空軍を苦しめている。自らが開発した兵器に侵攻を阻まれるという現象が起きている。

米ウォールストリートジャーナル(WSJ)は7日(現地時間)、戦力的に劣勢のはずのウクライナ軍がロシアの戦闘機による制空権確保を防いだ背景にはソ連製防空システムS-300があると報じた。

かつてソ連邦の構成国だったウクライナは約250セットのS-300を運用している。1978年から実戦に配備されたS-300は、地上レーダーで空中の目標物を感知すると、中央統制室での情報分析を経て地対空ミサイルが自動発射される構造だ。

サイルの射程距離は25〜150キロに達する。2000年代に入ってロシア軍は改良モデルであるS-400を配置し始めたが、S-300はかつて最先端の防空システムだった。

実際にウクライナに侵攻したロシアの戦闘機とヘリコプターはS-300によって少なくない被害を見たことが分かった。ロシア軍はかつて自分たちが開発した兵器によって、苦戦を強いられるという皮肉の結果となっている。

WSJはロシア空軍がS-300システムのレーダー検知を逃れるためには低空飛行をするしかないが、低空飛行時にはやはりソ連で開発されたSA-8の攻撃にさらされると説明した。SA-8はS-300より射程は短いが、低空目標に特化した防空システムだ。

また、低空飛行すると、ウクライナ軍の携帯用対空ミサイル攻撃にもさらされる。ウクライナ軍はソ連製ストレラと米国製スティンガーミサイルを運用しており、肩に担いで移動できるこれら兵器は機動性に優れ、発射も容易であり、精度も高いとされる。

米国は現在、S-300を運用する国々と協議してウクライナにこれを送る方案を推進中だ。北大西洋条約機構(NATO)加盟国の中でもスロバキアとブルガリア、ギリシャなど3カ国はS-300を運用している。

関連記事(外部サイト)