親露ルハンスクの有力指揮者が死亡 宇東部の戦いで

親露ルハンスクの有力指揮者が死亡 宇東部の戦いで

親露ルハンシクの指揮者死亡

親露ルハンスクの有力指揮者が死亡 宇東部の戦いで

親露ルハンスクの有力指揮者が死亡 宇東部の戦いでの画像

2014年にウクライナから分離した「ルハンシク人民共和国(LPR)」のリーダーの1人であり、有名な野戦指揮者が殺害されたことが分かった。

ウクライナイ軍はルハンシク地域の近くのクレメンナヤでの戦闘中にLPRの指導者の1人であるミハイル・キシュチクを殺害したと明らかにした。BBCロシア語版など複数の外信も報じた。

現地紙によるとLPRの長であるセルゲ・コズロフが「前線からの重いニュース。ルハンシク人民共和国の愛国者であるミハイル・キシュチク中佐が亡くなった」と明らかにした。

ツイッター上でも彼の死は共有され、葬儀の様子を収めた動画なども拡散している。

BBC(19日)によるとクレメナヤはルガンスク地方の西にある都市で、ロシア軍がウクライナの支配下にあるセベロドネツクとリシチャンシクに対して攻撃を仕掛けようとしてたとのこと。

キシュチクは「ミシャ・チェチェン」のコールサインを持ち、2014年にLPR側で戦ったコサック大隊「アタマン」を率いて有名になった。

BBCは彼の部隊は占領した領土で略奪したとして繰り返し非難されたと伝えている。

関連記事(外部サイト)