露国防省「西側顧問が宇軍指揮所にいる…攻撃辞さず」 英次官の「露領への攻撃も」発言に

露国防省「西側顧問が宇軍指揮所にいる…攻撃辞さず」 英次官の「露領への攻撃も」発言に

露国防省「西側顧問が宇軍指揮所にいる…攻撃辞さず」 英次官の「露領への攻撃も」発言にの画像

ロシア軍が、西側諸国の軍事顧問が滞在している可能性のあるウクライナ首都キーウ(キエフ)の指揮所に打撃を加えることができると26日(現地時間)警告した。

RIAノーボスチ通信によると、ロシア国防省はこの日、英国など西側国家が支援した武器でウクライナがロシア領土を攻撃するのは合法だとする英国防次官の発言を問題視してこのように警告した。

ジェームズ・ヒーピー英国国防次官はこの日、BBCなどとのインタビューで、ウクライナがロシアの補給ルートを遮断するためにロシア内の軍事標的を攻撃することは完全に合法的であり、西側が支援した武器がその目的で使われることは問題ではないと述べた。

これに大使ロシア国防省は直ちに非難声明を出し、「ウクライナ政権をそのような行動に導く英国の直接的な教唆は、それが履行されるとすぐに私たちの対称的な報復をもたらすだろう」と脅した。

続けて「ロシア軍はキエフにあるウクライナの指揮所を高精度兵器で報復攻撃できるよう24時間準備態勢を整えている」とし「ウクライナ指揮所に西側国家出身の顧問が滞在していることはロシアの報復行動決定に必ず問題にはならないだろう」と述べた。

関連記事(外部サイト)