露国防副大臣の甥・カムホエフ空挺部隊司令官が宇で死亡 露政権幹部の親族で初の死亡者

露国防副大臣の甥・カムホエフ空挺部隊司令官が宇で死亡 露政権幹部の親族で初の死亡者

ロシア国防副大臣の甥が戦死

露国防副大臣の甥・カムホエフ空挺部隊司令官が宇で死亡 露政権幹部の親族で初の死亡者

露国防副大臣の甥・カムホエフ空挺部隊司令官が宇で死亡 露政権幹部の親族で初の死亡者の画像

ロシア国防省幹部の甥がウクライナで戦死したことが分かった。ロシアのウクライナ侵攻後、プーチン政権高官の親族が戦死したのはこれが初めてだ。

ウクリンフォルム(21日)はロシア・イングーシのメディア報道をもとに、ロシア国防省のセルゲイ・ショイグ大臣の右腕とされる人物の甥が、ウクライナ軍に殺害されたと報じた。

当該人物は空挺部隊の司令官だったアダム・カムホエフ大尉(30)で、先週金曜日にウクライナで殺害され、その後、ロシア南部のイングーシ州に埋葬されたという。

英デイリーメール(23日)によると、彼の叔父で、国防副大臣のユヌス=ベク・エフクロフ上級大将(58)は、私服で葬儀に参列したとのこと。

死亡したカムホイエフはリャザン空挺部隊のエリート校の卒業生で、ロシアの空挺突撃隊の司令官であり、エフクロフの妹の息子であった。

この司令官の遺体は、他の遺族が数週間から数カ月待たされるのとは対照的に、すぐに自宅に戻されたと伝えられた。

カムホエフ大尉の死亡は、ロシアのウクライナ侵攻でプーチン政権高官の親族が死亡した初めてのケースとなったとデイリーメールは伝えており、少なからぬ同様を政権内に与える可能性がある。

また、ロシア軍は今回のウクライナ侵攻において、空挺部隊の損害が特に多いことでも知られている。

関連記事(外部サイト)