米国営紙「露が宇でクラスター弾使用した証拠発見…国際条約違反」「露も米も条約未加入」

米国営紙「露が宇でクラスター弾使用した証拠発見…国際条約違反」「露も米も条約未加入」

米国営紙「露が宇でクラスター弾使用した証拠発見…国際条約違反」「露も米も条約未加入」の画像

ロシア軍が国際条約上禁止武器であるクラスター爆弾をウクライナで繰り返し使用した証拠を発見したと国際人権団体アムネスティが13日に明らかにした。米国防省系メディアであるVOA(ボイスオブアメリカ)が詳細を伝えている。

アムネスティは侵攻初期からロシア軍の集中攻撃を受けたウクライナ第2都市ハルキウ(ロシア名ハリコフ)の民間人被害状況を記録した報告書をこの日発表し、その内容を公開した。

アムネスティ調査団はハルキウで4〜5月の2週間で少なくとも62人が死亡し、196人が負傷した41件の空襲事例を調査し、160人の生存者と遺族、目撃者、医師などにインタビューをした。

調査団は空襲現場で発見された弾丸破片のような物的証拠と多数のデジタル資料も収集して分析したと説明した。

調査によると、ロシア軍はハルキウで9N210と9N235クラスター爆弾を使用し、誘導機能のないロケット武器を通じて散布式地雷をバラまいたと推定されている。これにより民間人数百人が死亡したとみられる。

ドナテラ・ロベラ・アムネスティ常任危機対応顧問は「禁止されたクラスター爆弾を繰り返し使用したのは非常に衝撃的であり、(ロシア軍が)民間人の命を完全に無視していることを再度示す兆候」であると批判した。

特に「このようにひどい攻撃を加えたロシア軍は、必ず彼らの行動に対して処罰を受けなければならず、被害者とその遺族は完全な賠償を受けなければならない」と強調した。

■地元住民「光と爆発音が続いた」

BBCもこの日、ハルキウの住宅地域内5か所を訪問し、クラスター爆弾使用証拠を発見したと報じた。

BBCは専門家3人の分析を経て、現場で発見された破片がクラスター爆弾の痕跡であることを確認した。報道によると、爆発現場を目撃した住民証言もクラスター爆弾が使われたという情況を裏付けているとVOAは伝えた。

妻・娘と一緒に運動場を横切って行っている間、クラスター爆弾攻撃を受けたハルキウ住民のイヴァン・リトヴィニョコ氏は「突然明るく光るものが目に入り、最初の爆発音を聞いた」とし「以後連鎖的な爆発を目撃し、いくつかの爆弾が相次いで爆発した」と証言した。

当時、近くのアパートの内部にいた住民2人も連続的な爆発音を聞いたとBBCは伝えた。

■国際条約上の禁止武器

クラスター爆弾と散布式地雷は共に国際条約で禁止されている。

クラスター爆弾は母体が空中破壊されることで、中にあった小さな爆弾数百個が標的の周りに散布され、不特定多数を殺傷する。広い地域で多数の人命殺傷を目的とするため、代表的な非人道的武器に挙げられる。 2010年のオスロ条約発効で使用が禁止されている。

オスロ条約には120カ国以上が署名したが、ロシアやウクライナ、米国などは加入していない。

ウクライナでロシア軍のクラスター爆弾使用疑惑が提起されたのは今回が初めてではない。

去る2月24日の開戦後から約2週間余りが経った3月11日、ロシア軍がウクライナの人口密集地域でクラスター爆弾を使用したと信じる事例等を受け取ったと国際連合人権高等弁務官事務所(OHCHR)が発表したことがある。

リーズ・トロセルOHCHR広報担当者は、当時、スイスのジュネーブで行ったブリーフィングで「このような武器を無差別に使用することは戦争犯罪に該当するかもしれない」と話し、関連報告を集めていると付け加えた。

■クラスター爆弾・白リン弾などの使用状況

散布式地雷は、触れるとすぐに爆発する通常の地雷とは異なり、事前に設定された時間間隔に応じて小型地雷が発射されるよう動作する。

人を狙う対地雷は、1997年の対認雷禁止条約以後禁止されている。これも世界160カ国以上が署名したが、ロシアや米国など一部の国家は署名していない。

ロシア軍は他でも、真空爆弾や白リン弾などをウクライナの各所で戦闘に使用してきたとVOAは伝えている。

※VOAの記事URL:https://www.voakorea.com/a/6615295.html
※アムネスティの記事URL:https://www.amnesty.org/en/latest/news/2022/06/ukraine-hundreds-killed-in-relentless-russian-shelling-of-kharkiv-new-investigation/

関連記事(外部サイト)