世界で急増するADAS関連特許…韓国企業の出願数多く 国籍別では日本が最大

世界で急増するADAS関連特許…韓国企業の出願数多く 国籍別では日本が最大

世界で急増するADAS関連特許…韓国企業の出願数多く 国籍別では日本が最大の画像

韓国特許庁によると、韓国、米国、日本、中国、欧州で先進運転者支援システム(ADAS)関連特許の出願が急増していることが分かった。

ADAS関連特許は13年の2,000件余りから年平均約20%ずつ増加し、19年には6,000余件に達している。

ADASは、カメラ、レーダー、ライダーなどの検知装置を介して走行状況を認識し、運転者に危険状況などを自動的に知らせ、速度調整などの一部の運転機能を自動化した技術だ。

前方車両との距離を自動的に調整する▲適応クルーズ制御(ACC、Adaptive Cruise Control)、自ら駐車する▲自動駐車補助システム(SPAS、Smart Parking Assist System)、走行車線を外れた場合、運転者に知らせる▲車線離脱警告システム(LDW、Lane Departure Warning)などが実用化されている。

マッキンジ&カンパニーによると、グローバルADAS市場は「20年130億ドルから毎年13%ずつ成長し、」30年430億ドルに達する見通しだ。

国別のADAS出願件数は、中国(30.7%)、米国(27.6%)、日本(20.8%)、韓国(10.6%)、欧州(10.3%)の順で特許が出願されている。

出願者の国籍別では日本が38.4%を占め、最も多く、中国(16.5%)、欧州(15.9%)、韓国(14.9%)、米国(11.8%)の順だった。

企業別出願状況を見ると、△トヨタ、△現代(ヒュンダイ)、△ホンダ、△日産の順で、日本と韓国の完成車メーカーの出願が多く、△ボッシュ、△デンソー、△マンド、△日立など自動車部品メーカーが続いたことが分かった。

韓国企業の場合、自動車メーカー以外に▲LG、▲サムスンなどエレクトロニクス企業の出願が増加しており、特に▲ストラドビジョン、▲シンクウェアなどの中小企業の特許出願も着実に行われている。

米国登録特許を基準にした特許競争力を見てみると、米国は技術影響指数が高いとみられ、完全自律走行車開発のための技術で先んじており、日本は市場確保指数が高くて利便性と安全性向上による市場先占にさらに集中していると特許庁は分析した。

技術影響指数とは、当該特許権者の登録特許が後続特許によって平均的に引用された回数を意味し、市場確保指数とは、当該特許権者の登録特許数に対する「ファミリー国数」を指す。

韓国は市場確保指数で平均水準を見せているが、技術影響指数が相対的に低く評価され、自律走行車時代に備えた技術力向上のためにより多くの研究と投資が必要に見えると特許庁は分析した。

イ・インシル特許庁長は「先進運転者支援システム(ADAS)市場が成長するにつれて、関連出願は増加し続けると見込まれる」とし、「迅速かつ正確な審査を通じて関連技術開発を積極的に裏付けるだろう」と述べた。

関連記事(外部サイト)