「サムスンは翌四半期に業績改善」韓国証券社

「サムスンは翌四半期に業績改善」韓国証券社

「サムスンは翌四半期に業績改善」韓国証券社の画像

サムスン電子が第3四半期に業績改善するとの予想が証券会社から出ている。

サムスン電子によると、今年第2四半期の連結ベースの暫定売上高は60兆ウォンで前四半期より5.9%減少し、営業利益も6千億ウォンで6.3%減少したことを7日に明らかにした。

チェ・ミンスク韓国投資証券研究員は10日の報告書で「メモリ部門が在庫資産評価損が第1四半期より減少し、底を打って改善傾向に転じたと推定する」とし、「PCとモバイルを中心に顧客の在庫が正常レベルに近づいた」と説明した。

その上で「第3四半期から供給縮小と需要回復効果が同時に現れ、DRAM平均販売価格の上昇時期が早まるだろう」と強調した。

  • 記事にコメントを書いてみませんか?