米百貨店メイシーズ、天猫公式旗艦店を年内閉鎖、中国市場から撤退―中国紙

米百貨店メイシーズ、天猫公式旗艦店を年内閉鎖、中国市場から撤退―中国紙

6日、中国紙・北京商報は、半年前に中国語ウェブサイトを閉鎖した米百貨店大手「メイシーズ」が今度は中国の巨大ECモール「天猫(Tmall)」の公式旗艦店を閉鎖し、中国市場に別れを告げると報じた。資料写真。

2018年12月6日、中国紙・北京商報は、半年前に中国語ウェブサイトを閉鎖した米百貨店大手「メイシーズ」が今度は中国の巨大ECモール「天猫(Tmall)」の公式旗艦店を閉鎖し、中国市場に別れを告げると報じた。

記事によると、メイシーズの天猫公式旗艦店は、今月3日にすでに受注を停止しており、同31日にすべてのサービスを終了するという。

記事は、「公式ウェブサイトと電子商取引プラットフォームの閉鎖は、メイシーズのデュアルチャネル戦略が失敗したことを意味するだけでなく、加えて中国国内のすべての実店舗も閉鎖しており、同社が中国市場から完全に撤退することを意味する」と報じた。

記事によると、メイシーズは2012年、中国の高級ディスカウントEC「佳品網(Jiapin)」に1500万ドルを出資したが、同サイトは間もなく破産やリストラが伝えられた。15年には上海の直営店も閉鎖した。

中国市場以外でも、メイシーズは18年初頭、支出を削減するため一部店舗の閉鎖を発表している。17年には68店舗の閉鎖と1万人のリストラ、16年には30店舗を閉鎖している。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)