米、支援車両空爆は露が実行と断定 当局者「スホイ2機が展開」

【9月21日 AFP】シリア北部アレッポ(Aleppo)で人道支援車両が空爆を受けた問題で、米国はロシア軍が行ったものと断定した。米当局者が匿名を条件に明らかにした。これに先立ちロシア側は、米国から空爆はシリア政府軍またはロシア軍によるものだと「根拠のない」非難を受けたとして、怒りをあらわに反発していた。

 国連(UN)によると、19日遅くに行われた空爆で、アレッポ県の住民らに人道支援物資を届けるはずだった車両31台のうち少なくとも18台が破壊された。

 米当局者は空爆当時、現場一帯の上空で戦闘爆撃機スホイ24(SU-24)2機が活動していたと明かした上で「空爆はロシアが実行したというのがわれわれの最適の評価だ」と述べた。

 米政府はこれより前、問題の空爆を行ったのはシリアのバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)政権側かその同盟国であるロシアでしかあり得ず、いずれの場合もロシア政府が責任を負うべきだと非難していた。

 これに対し、本件について捜査しているロシア軍は、現場の活動家らから提供を受けた映像を見る限り、車両が損傷を受けたのは空爆やその他の爆発物によるものではなかったと主張。ロシア国防省の報道官は声明で、車列が攻撃を受けたのは「奇妙にも、アレッポに反体制派が大規模攻撃を行っていたのと同時だった」としている。(c)AFP/AFPBB News