オバマ氏、シカゴで米大統領選の期日前投票

【10月8日 AFP】バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は7日、第2の故郷イリノイ(Illinois)州シカゴ(Chicago)で米大統領選の期日前投票を行った。来月8日の投票日より前に投票するよう促す民主党の取り組みの一環。

 予告なしで投票所に立ち寄ったオバマ大統領は、シカゴ選挙管理委員会(Chicago Board of Elections)のオフィスの投票機の前に立って自分が選択した候補者の名前のところに印を付け、誰に投票したかと尋ねられるとニヤリと笑った。

 民主党候補のヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官は激戦が予想される州を何度も訪れ有権者登録と投票をなるべく早く行うよう支持者に呼び掛けている。今回の米大統領選は投票日前に当選者が決まる可能性もある。

 クリントン陣営の幹部ロビー・ムック(Robby Mook)氏は、「今年の大統領選で、われわれが焦点を当てている激戦州では、少なくとも40%の投票が選挙日前に行われるだろう」と述べた。(c)AFP/AFPBB News