ハリケーンで動物たちを一時保護、そのまま家族に 米フロリダ

【10月10日 AFP】米フロリダ(Florida)州ジャクソンビル(Jacksonville)の動物保護施設が、大型ハリケーン「マシュー(Matthew)」の接近を前に犬猫約200匹の一時預かりを一般市民に向けて依頼を出したところ、申し出が予想を超えて殺到した。

 動物保護施設「ジャクソンビル・ヒューマン・ソサエティー(Jacksonville Humane Society、JHS)」によると、隣接するジョージア(Georgia)州から車で1時間以上かけてやって来た人や、施設までやって来たものの、すでにすべての動物が引き取られた後だったためそのまま引き返した人もいたという。

 さらに、ハリケーンが過ぎ去った後は、一時預かりをした人たちから里親のオファーが多数寄せられているとされ、同団体は、正式な受け入れ申し込みの対応で今度は大忙しとなっている。9日撮影。(c)AFP/AFPBB News