米、外交危機のカタールと合同軍事演習

【6月17日 AFP】米海軍とカタール海軍は16日、カタール沖で合同軍事演習を行った。

 米国は14日、テロリズムを支援しているなどとして近隣諸国から一方的に断交を通告されたカタールに、米国製のF15戦闘機「ストライクイーグル(Strike Eagle)」を120億ドル(約1兆3200億円)で売却することで合意。15日には同国との合同軍事演習を開始し、支援を再確認している。(c)AFP/AFPBB News