過激思想に染まった兄弟、故郷のミンダナオ島襲撃を指揮

【6月20日 AFP】フィリピン南部ミンダナオ(Mindanao)島のマラウィ(Marawi)では、イスラム過激派武装勢力と同国軍とが衝突し、これまでに300人以上が死亡しているが、この戦闘の背景に「ある兄弟」の存在が見え隠れしている。

 武装勢力は先月、キリスト教系のダンサラン・カレッジ(Dansalan College)を襲撃した。犯行に及んだのは、ここで20年前に教育を受けたイスラム教徒のオマークハヤム・マウテ(Omarkhayam Maute)とアブドゥラ・マウテ(Abdullah Maute)の兄弟だった。2人はイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の黒い旗を手に故郷の町へと戻り、母校に火を放った。

 襲撃には、マウテ兄弟に勧誘された地元の若者を多数含む数百人が参加。兄弟は、残忍な犯行を通じて、フィリピンのISリーダーとしての威厳を見せつけようとしたものとみられている。

 人口20万人のマラウィでは、イスラム教徒が大半を占める。町のプロテスタント教会が運営するこの教育機関は長年、宗教的寛容の象徴とみなされてきたが、今回の襲撃により、30代半ばの兄弟はここの最も悪名高い卒業生となった。

 兄弟は現在も、マラウィ市内に潜伏し、トンネルや防空壕といった現地での知識を生かしながら軍への抵抗を続けている。戦闘により周辺地域は廃虚と化した。

 マラウィ自治政府のジア・アロント・アディオング(Zia Alonto Adiong)議員は、「われわれには、この憎しみがどこから来るのかわからない」と首をかしげる。

 ミンダナオ州立大学(Mindanao State University)の元学部長で、娘がマウテ兄弟の一人と一緒に学校に通っていたというドゥマ・サニ(Duma Sani)さんは、地元住民の大半は異教徒の殺害を呼び掛けるイスラム過激派を支持していないとAFPに語った。

 サニさんによれば、「彼ら(銃で武装したマラウィの戦闘員)は若く、コーランを独自に解釈している。高齢者を敬うこともない」という。

■中東留学中に過激化

 マウテ兄弟が率いる組織は、ミンダナオ島で数十年にわたり続いているイスラム分離独立運動がルーツとなっているが、2012年頃に小規模なより集めのグループを誕生させた。

 主要な反政府勢力「モロ・イスラム解放戦線(Moro Islamic Liberation Front、MILF)」が政府との和平協議を模索する一方、マウテ兄弟やその他の小規模な強硬派グループは、イラクやシリアにおけるISの残忍さに触発された狂信的メンバーの新たな拠り所となった。

 安全保障専門家のシドニー・ジョーンズ(Sidney Jones)氏はAFPに対し、「マウテ兄弟を柱とする小規模な集団が実際の深刻な軍事的脅威に変貌した原因は、中東におけるISISの台頭にあると私は考える」と語った。

 ただジョーンズ氏やフィリピンの首都マニラ(Manila)に拠点を置く研究機関「Philippine Institute for Peace, Violence and Terrorism Research、PIPVTR」のロメル・バンラオイ(Rommel Banlaoi)代表は、兄弟はもっと早い段階で、具体的には中東に留学していた時に過激化したと指摘する。兄弟はカレッジ卒業後、オマークハヤム容疑者はエジプトに、アブドゥラ容疑者はヨルダンに渡っている。

 バンラオイ氏によると、兄弟は約10年間国外にいた後にミンダナオ島に帰国し、逃亡中のインドネシア人戦闘員ウスタズ・サヌシ(Ustadz Sanussi)容疑者に師事。その後、サヌシ容疑者の紹介で他の東南アジアのイスラム過激派らと接触したが、この中にはマレーシアの爆弾製造犯ズルキフリ・ビン・イール(Zulkifli bin Hir)容疑者も含まれていたという。

 映像は、即席の地図を指し示すアブドゥラ・マウテ容疑者(右)、イスラム過激派組織「アブサヤフ(Abu Sayyaf)」のリーダー、イスニロン・ハピロン(Isnilon Hapilon、左から2人目)。 撮影日不明。(c)AFP/AFPBB News