アフガンの銀行に車爆弾、34人死亡 タリバンの犯行

アフガンの銀行前で旧支配勢力タリバンが自動車爆弾を使った攻撃 34人死亡58人負傷

記事まとめ

  • アフガニスタン南部の銀行前で、タリバンが自動車爆弾を使った攻撃を行い34人が死亡
  • 銀行の外ではラマダン明けを祝う前に給料を引き出そうとする市民らが列を成していた
  • 州政府によれば、犠牲者の大半が女性や子どもを含む民間人だという

アフガンの銀行に車爆弾、34人死亡 タリバンの犯行

【6月23日 AFP】アフガニスタン南部ヘルマンド(Helmand)州の州都ラシュカルガー(Lashkar Gah)の銀行前で22日、旧支配勢力タリバン(Taliban)が自動車爆弾を使った攻撃を行い、少なくとも34人が死亡、58人が負傷した。当時現場では、給料を引き出そうとする人々が列を成していたという。

 イスラム教の神聖な断食月「ラマダン(Ramadan)」の期間中に、またも襲撃が発生した。標的となった新カブール銀行(New Kabul Bank)前で負傷した人々は、即席の担架で病院に搬送された。

 現場周辺では、爆発の威力で複数の自動車が横転した他、黒焦げになった破片が辺りに散乱し、煙が立ち上った。

 アフガン政府はラマダン中の停戦を呼び掛け、米国はアフガンに兵士を増派する構えを見せているものの、タリバンは全土で展開している「春の攻勢」の手を緩めていない。

 事件発生時、銀行の外ではラマダン明けを祝う大祭「イード・アル・フィトル(Eid al-Fitr)」を前に給料を引き出そうとする市民や政府職員らが並んでおり、爆発はその列を襲った。ヘルマンド州政府は声明を出し「きょうの爆発では少なくとも34人が死亡し、58人が負傷した」と発表した。

 新カブール銀行が襲撃を受けたのは、2014年以降これが3回目。タリバンは、アフガン人の兵士と警官が標的だと主張しているが、州政府によれば、犠牲者の大半が女性や子どもを含む民間人だという。(c)AFP/AFPBB News