1700年前の女性統治者、最新技術で顔を再現 ペルー

【7月7日 AFP】南米ペルー北部で1700年前に生きていた女性統治者の顔を再現した胸像が4日、同国の首都リマ(Lima)で公開された。

 女性の顔は、2006年にトルヒーヨ(Trujillo)北郊のチカマ谷(Chicama Valley)にあるカオ・ビエホ(Cao Viejo)のピラミッドで発見されたミイラの頭蓋骨に基づき、最新の3D印刷技術を用いて再現された。4日のイベントではこのミイラも同時に公開された。

「カオの女性(Lady of Cao)」と呼ばれるこの女性は、北部沿岸地域で紀元後100年〜800年に栄えたモチェ(Moche)文化時代の人物で、生前の権力を象徴する銅に覆われた木製の笏(しゃく)や金属製品と共に埋葬されていた。

 考古学者らによると、女性はペルーで存在が知られている中で最も古い女性統治者。この女性のミイラが見つかるまでは、スペイン人征服前のペルーでは政治的または宗教的な権力を有する女性は存在しなかったと考えられていた。

 科学者らは頭蓋骨の構造を分析し、それを同ピラミッドに最も近い町マグダレナ・デ・カオ(Magdalena de Cao)の住民女性らの写真と比較。計10か月かけて女性の顔を再現した。ミイラの肌には入れ墨も残っていた。映像は、5日撮影。(c)AFPBB News