米哨戒艇、ペルシャ湾でイラン艦艇に警告射撃

米海軍イラン艦艇に警告射撃

米哨戒艇、ペルシャ湾でイラン艦艇に警告射撃

【7月26日 AFP】中東のペルシャ湾(Persian Gulf)で25日、米海軍の沿岸哨戒艇が接近してきたイラン革命防衛隊(Iranian Revolutionary Guard Corps)の艦艇に警告射撃を行った。当局が明らかにした。

 米海軍の声明によると、米哨戒艇「サンダーボルト(USS Thunderbolt)」はイランの艦艇に繰り返し無線で交信を試みたものの、応答がなく、照明弾や警笛も無視された。その後137メートル以内に接近してきたため、警告射撃を実施したという。

 声明ではイラン艦艇の行動を「国際的に認められている交通規則にも海上の慣例にも従っておらず、衝突の危険を生み出している」と批判。「不用意で職業規範に背く」と警告している。

 米海軍は当時の状況を映した動画の一部を公開。マシンガンでの2度の射撃音も聞こえる。

 一方、イラン革命防衛隊は米哨戒艇がイランの艦艇に接近してきたと主張し、米国による「挑発と脅し」を非難している。

 両国の間では今年1月にも、ペルシャ湾につながるホルムズ海峡(Strait of Hormuz)で、米海軍の駆逐艦「マハン(USS Mahan)」が高速で異常接近してきたイラン革命防衛隊の艦艇4隻に警告射撃を行っている。(c)AFP/AFPBB News