夏季五輪、ロス2028年開催で合意 24年はパリに

【8月1日 AFP】米ロサンゼルス(Los Angeles)市は、同市での2028年夏季五輪開催に向けた条件について、国際オリンピック委員会(IOC)と合意に達した。市当局者が31日、AFPの取材に明らかにした。この合意により、2024年大会の開催地は仏パリ(Paris)に決定する。

 ロサンゼルスでの夏季五輪開催は、1932年と1984年に続き3度目。2024年大会の招致合戦でロサンゼルスの唯一の競争相手だったパリは、1924年パリ五輪から100周年の節目に再び夏季五輪を開催することになる。

 ロサンゼルスの招致委員会は合意の事実を確認していないが、午後5時(日本時間8月1日午前9時)に記者会見を開くと発表。IOCも同日中に発表を行う予定だ。

 IOCは7月、2024年と28年の夏季五輪開催地を9月の投票で同時決定することを決めた。以降、ロサンゼルスが24年大会の招致を断念し、28年大会開催を受け入れる可能性が高まっていた。

 映像は、パリで開かれた夏季五輪招致イベント。6月24日撮影。(c)AFP/AFPBB News