「ただ待つだけ」――閉鎖に直面する仏移民キャンプの少年

フランス北部の英仏海峡に面したカレーの移民キャンプで、生活環境がさらに悪化している。支援団体によると、新たにキャンプにやって来る移民や難民の流れは止まっていないものの、献金の減少などでテントや食料は底を突きつつあるという。英国での難民申請を目指す人が多くを占めるキャンプには、少なくとも9000人が生活しているとみられている。地元住民の抗議を受け、フランス政府は今後数カ月中に移民キャンプを閉鎖すると約束している。BBCのリチャード・ギャルピン記者が取材した。