ISが撤退したイラクの町にBBC記者入る

過激派勢力のいわゆる「イスラム国」(IS)が支配していたイラク・カイヤラを、イラク軍が奪還した。BBCのオルラ・ゲリン記者が現地に入り、残された監獄のあとや、潜伏用のトンネルなどを目にした。カイヤラはイラク第2の都市モスルから約60キロ。ISから奪還するための決戦はこれからだ。