ロシアのハッカーが米大統領選に介入? 高まる懸念

米政府は7日、ロシアのハッカーがサイバー攻撃によって大統領選に介入しようとしていると、異例の見解を発表した。フランスのテレビ局が昨年4月にサイバー攻撃によって放送できなくなって以来、欧州連合(EU)ではロシアのサイバー活動の活発化への懸念が高まっている。BBCのゴードン・コレーラ記者が報告する。