英キャサリン妃、初の単独外遊 欧州関係改善へ

キャサリン妃が初の単独外遊

英キャサリン妃、初の単独外遊 欧州関係改善へ

英王室のケンブリッジ公爵夫人、キャサリン妃は11日、王室の一員として初めてひとりで外国を訪問した。オランダのハーグやロッテルダムで美術館を訪れたり、市民と交流したりした。BBCのニコラス・ウィッチェル記者は、欧州連合(EU)離脱交渉ををめぐり欧州諸国との関係改善が必要な時期なだけに、これは政治に関与しない王室による細やかなソフト外交だと指摘する。