英首相「もうたくさんだと言わなくてはならない

ロンドン中心部で3日深夜に7人が死亡、48人が負傷した起きた襲撃事件を受け、テリーザ・メイ英首相は4日朝、緊急治安閣僚会議(COBRA)を開いた後に官邸前で演説し、「『もうたくさんだ』と言わなくてはならない時」だと、テロ対策の本格的な見直しを表明した。首相は、現時点では5月22日のマンチェスター攻撃と今回の攻撃は「ネットワークではつながっていないようだが」、「凶悪な」イスラム過激主義でつながっていると批判。また最近のテロ攻撃には一定の「傾向」があり、慎重な計画や訓練によるものというより、互いの粗雑な攻撃法を真似し合っていると指摘した。その上で首相は、過激主義に対する英国社会の過度な寛容姿勢を批判し、イスラム過激主義の打倒こそ「この時代の我々にとって最大の課題の一つ」だと表明。インターネット上を含めたイスラム過激主義や過激思想の取り締まり強化などを約束した。