性差別CMは禁止 英広告業界団体

時代と共にテレビCMも変わる。過去には人気を得たシリーズでも、今の視点で見ると、性差別的に見えるものも多い。英広告業界の規制団体、英広告基準協議会は18日、性別にもとづくステレオタイプ(世間的固定概念)を助長する表現の広告を禁止すると発表した。同協議会が規制対象とする性別ステレオタイプ表現とは、身体イメージに関するもの、人の性的対象化、性別をもとにした役割固定、世間のステレオタイプに沿わない人を馬鹿にすることなどを差す。若い女性が不健康なほどやせていることを美化したり、「女性の役割は家の掃除」、「女の子とはこういうもので男の子とはこういうもの」、「男性に家事や育児は無理」など性別にもとづき役割を固定するなどの内容の広告は規制対象となる。