肘をついてくつろぐ有名猫が銅像に 没後もお気に入りの場所で

肘をついてくつろぐ有名猫が銅像に 没後もお気に入りの場所で

画像はAnadolu KedisiさんのFacebookより

道の段差で肘をついてリラックスするボーズで有名なトルコ・イスタンブールの猫「Tombili」が、今年8月に亡くなっていたことがわかった。彼のお気に入りの場所には銅像が建てられ、10月4日にお披露目された。


イスタンブールの野良猫「Tombili」は、そのふてぶてしくも愛嬌のあるポーズがネットで話題に。地元だけでなく世界中から注目を集め、町のマスコットとして地元の人々に世話をされていた。そんな「Tombili」が8月1日に亡くなると、彼を偲ぶ地元の人々の発案により、銅像を建てるためのネット署名が実施された。賛同者は1万7280人にもおよび「Tombili」の銅像設置が実現した。


「Tombili」のおなじみのポーズを再現した銅像は、行き交う人々だけでなく、他の猫も足を止めるスポットとなっている。



関連記事(外部サイト)