新型コロナに効くヨーグルト巡り韓国でドタバタ劇 ウイルス除去に大きな効果のはずが一転、不買運動に

新型コロナに効くヨーグルト巡り韓国でドタバタ劇 ウイルス除去に大きな効果のはずが一転、不買運動に

新型コロナに効くヨーグルト巡り韓国でドタバタ劇 ウイルス除去に大きな効果のはずが一転、不買運動にの画像

 日本も韓国も新型コロナウイルス感染症のワクチン接種が始まった。しかし、なかなか感染者数が減らない。

 こんな時に、韓国で衝撃的なニュースが流れた。

“コロナに効く”ヨーグルトがバカ売れ

 南陽(ナムヤン)乳業が発売する「ブルガリス」というヨーグルトが新型コロナウイルスを抑制する効果があるというのだ。

 4月13日、韓国医科学研究院の主管で開かれた「コロナ時代の抗ウイルス食品開発シンポジウム」において、ブルガリス製品が新型コロナの抗ウイルス効果があるという発表があった。

 このシンポジウムによると、「インフルエンザウイルスに感染した犬の腎臓細胞にブルガリスを投与した結果、ウイルス低減率が99.999%と出た。また、コロナウイルスに感染した猿の肺細胞にブルガリスを投与した結果、ウイルス低減率は77.78%と出た」というのだ。

 シンポジウムでの発表がメディアに流れると、コンビニエンスストアやスーパーマーケットで「ブルガリス」が売り切れ続出。

 SNS上ではブルガリスを買った、飲んだという証拠写真が次々投稿され拡散した。そして、韓国の東学アリ(個人投資家)たちは、南陽乳業の株を買い、株価は急騰した。

 発表の翌日には、48万9000ウォン(約4万8000円:前日対比25%上昇)まで値上がりした。

 しかし、韓国の疾病管理庁はすぐさま懸念を表明した。

関連記事(外部サイト)

×