中国ラオス国境に突如現れた巨大都市開発の謎 現地ルポ:今年完成予定、中国ラオス鉄道の建設現場(前編)

中国ラオス国境に突如現れた巨大都市開発の謎 現地ルポ:今年完成予定、中国ラオス鉄道の建設現場(前編)

中国ラオス国境に突如現れた巨大都市開発の謎 現地ルポ:今年完成予定、中国ラオス鉄道の建設現場(前編)の画像

 中国-ラオス国境の辺境地帯に、巨大な近代都市が生まれようとしている。誰が何のために? 2年前、実際に現地を訪れた著者が目撃した驚きの開発計画を2回にわたってお届けする。(JBpress)

 ちょうど2年前の2019年4月、著者は中国との国境にあるラオスの町「ボーテン」を訪れた。黄金に輝く門をくぐってボーテンに入り、目に入ってきたのは、建設中の巨大なビル群だった。建物のデザインは、辺境のジャングルには似つかわしくない欧米風で、建設中の高層ビルを覆うカバーには「一帯一路」というスローガンが掲げられていた。

中国とラオスを結ぶ鉄道が年内に開通へ

 ボーテンに巨大都市が建設されている最大の理由は、中国とラオスを鉄道で結ぶ「中国ラオス鉄道」だ。ラオス側では、首都ビエンチャンと、中国国境の町ボーテンを結ぶ414kmの鉄道が、総事業費約60億ドルをかけて2016年から建設されている。そしてとうとう今年(2021年)中に完成予定だという(「Laos Planned Railways: Opening a National Rail Network in 2021」、ASEAN?BRIEFING、2021/2/10)。

 沿線には、世界遺産の観光地・ルアンパバーンなどがあり、ボーテンの先はトンネル(「友誼トンネル」)で国境を越える。中国側の町・磨?(モーハン)からは中国の鉄道につながっていて、その先には昆明がある。全部が完成すれば、文字通りの「中国ラオス鉄道」となる。

中国から国境を越えラオスに

 中国の発展モデルに関する研究で中国ラオス鉄道に注目した著者と友人たちは、2019年4月、その現場を見るために中国ラオス国境地帯を訪れた。中国側の鉄道もまだ建設中だったため、昆明から夜行バスに9時間ほど乗り、ラオスとの国境に近い町・磨?に行った。

関連記事(外部サイト)

×