オワコン状態の「K防疫」に胸を張る文在寅大統領の厚顔無恥 日本よりはマシだが、ワクチン接種が広がらない韓国に漂う敗北感

オワコン状態の「K防疫」に胸を張る文在寅大統領の厚顔無恥 日本よりはマシだが、ワクチン接種が広がらない韓国に漂う敗北感

オワコン状態の「K防疫」に胸を張る文在寅大統領の厚顔無恥 日本よりはマシだが、ワクチン接種が広がらない韓国に漂う敗北感の画像

 新型コロナが世界で猛威をふるい始めて既に1年以上が経過した。各国でさまざまな対策が施されるなど生活への影響も続く。米国やイスラエルといった一部の国ではワクチン接種が進み、コロナ禍から脱却する兆しも出ているが、変異株の脅威が危惧されており、新型コロナとの戦いは終わりが見えない。

 韓国においても、文在寅政権が自画自賛のように称賛していたコロナ対策「K防疫」も限界を迎えつつあるようだ。

 韓国で新型コロナの感染拡大が本格化したのは2020年2月のこと。第1波と言うべき感染拡大が始まった当初は、感染者の動向の公開やオンライン教育の整備、マスク着用の義務化など政権の素早い対応は評価されていた。だが、この1年を振り返れば感染者を減少させ抑え込んだとは言い難く、いまだに数カ月周期で感染者の増減を繰り返している。その状況に国民の不満も募る一方だ。

 また、鳴り物入りで生産され、政府が「K注射器」と銘打って広報していた注射器にも問題が相次いでいる。「K注射器」は通常の注射器と比べてコロナワクチンの接種回数を増やすことが可能で、海外からも注目されていた。注射器が発表された当初には、「これでワクチン接種も順調に進む」「ぜひ韓国のこの技術を海外に広めてほしい」といった期待の声も上がった。

 ところが、その注射器に何ともお粗末な問題が発生している。注射器内の異物混入や目盛りが不正確という不具合が明るみに出るなど、70万本を回収することになったのだ。しかも、問題が発覚したのが2月末にもかかわらず、事実をすぐに公表しなかったことに非難の声が上がった。

 その後、文在寅大統領自身がワクチン接種を行った際に使用した注射器が米国製のものだと報じられたり、実際に打ったワクチンが本物かどうかという「ワクチンすり替え疑惑」が飛び出したりと、文在寅政権は末期的な様相を呈している。世論のあまりの過熱ぶりに、大統領府が「虚偽のニュースを流した者は厳罰に処す」と声明を発表したほどだ。

 文在寅大統領としては、新しい注射器の開発や自らのワクチン接種は韓国のコロナ対策が順調だということを内外にアピールする絶好のチャンスと見ていたようだが、結果的にはすべてが裏目に出ている。今や「K防疫」とは誇れるものではなく、国民からも失笑が漏れるオワコン状態である。

【参考記事】
・自らの失政をコロナのせいにする文大統領の末期症状(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64989)
・市長選2敗、文在寅政権の「死に体」が決定的に(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64857)
・「ワクチン確保」失敗の文在寅、責任転嫁に奔走中(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/63412)

関連記事(外部サイト)

×