中国に実物大ガンダム登場、ガンプラ求めて客が殺到! ららぽーと上海金橋に設置、機体は「フリーダムガンダム」

中国に実物大ガンダム登場、ガンプラ求めて客が殺到! ららぽーと上海金橋に設置、機体は「フリーダムガンダム」

中国に実物大ガンダム登場、ガンプラ求めて客が殺到! ららぽーと上海金橋に設置、機体は「フリーダムガンダム」の画像

(花園 祐:上海在住ジャーナリスト)

 4月28日、中国・上海市で商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと上海金橋」がオープンしました。

 地元では、日系デベロッパーの三井不動産グループが手掛ける大規模商業施設ということに加え、モニュメントとして実物大のガンダム(中国名「高達」)立像が設置されたことが大きな注目を集めています。

 日本のロボットアニメの金字塔ともいうべき「ガンダム」シリーズは、中国でも高い人気を誇っています。同施設内に設けられたガンダムのプラモデル(以下、「ガンプラ」)販売スペースには親子連れを中心に長蛇の列ができるなど、多くの来客で賑わいを見せていました。

 今回は、中国におけるガンダム人気の現状とその背景を紹介するとともに、メーカーにとって悩みの種である海賊版の流通状況などについて見ていきたいと思います。

関連記事(外部サイト)

×