ポスト文在寅で韓国は変わるか、過熱しだした次期大統領選総点検 与党候補の「五輪ボイコット」発言も実は苦肉の選挙対策の一環

ポスト文在寅で韓国は変わるか、過熱しだした次期大統領選総点検 与党候補の「五輪ボイコット」発言も実は苦肉の選挙対策の一環

ポスト文在寅で韓国は変わるか、過熱しだした次期大統領選総点検 与党候補の「五輪ボイコット」発言も実は苦肉の選挙対策の一環の画像

(武藤 正敏:元在韓国特命全権大使)

 韓国の大統領の任期は5年、そして再選はできない。現在の文在寅大統領が就任したのは、2017年5月のこと。つまり残された任期はあと1年となる。そのため韓国では、すでに次期大統領選の前哨戦が始まっている。

前検事総長に36歳の非国会議員、「新顔」の台頭に与党戦々恐々

 韓国社会世論研究所が5月24日発表した調査結果によると、次期大統領にふさわしい人を問う世論調査で、尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長が32.4%の支持を得て、革新系与党「共に民主党」(以下、民主党)所属の李在明(イ・ジェミョン)京畿道趙知事の28.2%を上回った。ただ、2人に対する支持は拮抗しており、世論調査が行われるたびに1位と2位が入れ替わるような状況で、ほぼ横並びと見ていいだろう。

 これに続いて前民主党代表の李洛淵(イ・ナギョン)氏10.3%、無所属の洪準杓(ホン・ジュンピョウ)氏4.5%、保守系最大野党「国民の力」の呉世勲(オ・セフン)ソウル市長4.1%、中道野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表3.5%、民主党の丁世均(チョン・セギュン)前首相3.1%などとなっている。

 しかし、予想外のことが起きるのが韓国の選挙である。今回も、国民の力の代表選挙の候補者を5人に絞る予備選挙において、36歳の李俊錫(イ・ジュンソク)氏が1位で本選に進出するという大番狂わせを見せた。本選でも国民の力の古参議員を破り当選すれば、一度も国会議員に当選したことのない若者が一挙に最大野党の党首になる。

 これまでは、来年の大統領選挙に向けて保守系最大野党に有力な大統領候補がいないため、国民の視線は、文在寅政権と対立して辞任した前検事総長の尹錫悦氏に集まっていた。そこに加えて最大野党で清新な党首が登場する可能性が出てきた。

 一方、与党サイドでは、文在寅派の候補が「非文在寅」派の李在明氏に大きく後れを取っている。

 韓国の大統領選挙序盤戦の状況について分析する。

関連記事(外部サイト)

×