米国民からそっぽを向かれ「孤城落日」のトランプ 零落を示す5つの「証拠」と著名ジャーナリストの「最後通告」

米国民からそっぽを向かれ「孤城落日」のトランプ 零落を示す5つの「証拠」と著名ジャーナリストの「最後通告」

トランプ氏"武器"奪われ凋落

米国民からそっぽを向かれ「孤城落日」のトランプ 零落を示す5つの「証拠」と著名ジャーナリストの「最後通告」

米国民からそっぽを向かれ「孤城落日」のトランプ 零落を示す5つの「証拠」と著名ジャーナリストの「最後通告」の画像

隆盛を極めたかつての勢いはなし

 盛唐の詩人、王維の「送韋評事」に「孤城落日」という四字熟語が出てくる。

「愁え見る 孤城 落日の辺」(憂え見えるのは 周りを敵に囲まれた援軍のこない城と、西に傾く夕陽だけだ)

 転じて「かって隆盛を極めた勢いはなく、ただ零落の一途をたどるだけのさま」を言う。

 ドナルド・トランプ前米大統領の熱烈支持者の方には申し訳ないが、米国で定点観測してきた筆者からみると、同氏の現在置かれた状況はまさに「孤城落日」としか言いようがない。

フェイスブックは再来年まで凍結延長

 その証拠を5つ列挙してみる。

一、トランプ氏は反撃に必要な発信の手段である「武器」を完全に奪われてしまった。

 5月4日、鳴り物入りで開設したブログ、「ドナルド・トランプのデスクから」を閉鎖せざるを得なくなったのだ。

 追い打ちをかけるように6月4日にはトランプ氏のアカウントを無期限に凍結していたフェイスブックが凍結期間を2023年1月7日まで延長すると発表した。

 著名人が暴力や市民の不安をあおった場合に最長2年間、投稿を停止するという新規定をトランプ氏に適用したのだ。

 大統領にまで上り詰めた人物にとってこれ以上の屈辱はない。

 フェイスブックやツイッターから締め出しを食らったトランプ氏が立ち上げたブログもわずか29日で閉鎖。

 その理由は、読者数の低迷が原因だった。

 開設の理由は1月6日の支持者による米連邦議会襲撃・乱入・殺人を「煽動した」のはトランプ氏のメッセージだとの容疑からフェイスブックに次いでツイッターからもシャットアウトされてしまったからだ。

 同氏は、ブログを開設した日には、「言論封殺と(ジョー・バイデン氏の当選を認めた大統領選結果は間違いだという)ウソの時代の、自由への道しるべ」と鼻息が荒かった。

 しかし、1週間平均のサイト訪問者は延べ400万人程度(それでもまだ400万人とみることもできるのだが)。

「唯我独尊」のトランプ氏にとっては、かつては9000万人近いフォロワー数を誇ったツイッターと比べると「月とすっぽん」。

 読者数の少なさに激怒したトランプ氏は「You're fired」(かってテレビの「リアリティ・ショー」で言い放った常套句「お前は首だ!」)という決まりセリフを発した。

 それでも、トランプ氏は今後、独自のインターネット交流サイト(SNS)を立ち上げると息まいている。だがその実現性を疑問視する向きも少なくない。

 保守派のオンライン動向に詳しい専門家、メイガン・スクウエア氏(エロン大学教授)は、「自分の主張を絶えず人々に伝える能力はもうトランプ氏にない」と手厳しい。

(https://www.washingtonpost.com/technology/2021/05/21/trump-online-traffic-plunge/)

関連記事(外部サイト)

×