株式投資で一攫千金狙う韓国の若者たちの危険度 恐れを知らぬ投機熱、仮想通貨の次はミーム・ストックへ

株式投資で一攫千金狙う韓国の若者たちの危険度 恐れを知らぬ投機熱、仮想通貨の次はミーム・ストックへ

株式投資で一攫千金狙う韓国の若者たちの危険度 恐れを知らぬ投機熱、仮想通貨の次はミーム・ストックへの画像

 2020年から韓国の個人投資家が一番多く保有・取引していた米国株は、テスラがダントツの1位であった。

 2位以下はアップルになったり、アマゾン・ドットコムになったりと入れ替わりがあったが、テスラは2021年5月まで不動の1位を占めていたのだ。

 ところが6月に入り潮目が変わったようだ。

 証券会社の最新投資ランクを見ると、何と取引高1位がAMCエンターテインメント(以下、AMC)に変わっていた。

 保有高ランキングの1位は相変わらずテスラだったものの、取引高ではAMCが一躍1位に躍り出たのだ。

 6月4日、韓国の預託決済院によると、最近1週間(5月28日〜6月3日)の国内投資家が最も多く買った銘柄はAMCエンターテインメントホールディングスで2912万ドルであった。

 ちなみに、AMCは米国の映画館チェーンである。

 以前ゲームストップの株価高騰について書いたことがあったが、今回はAMCがその対象となっている。

 つまり、空売りに反発した米国の個人投資家らが集結してAMC株を集中的に買収した。その動きに韓国人の個人投資家も同調、取引高で一躍1位に躍り出たのだ。

 最近、韓国ではミーム・ストック(meme stock)に投資する人たちが増えている。

関連記事(外部サイト)

×