塩の価格高騰が福島の原発処理水の影響だと語る韓国人の地理感覚 太平洋に向かう処理水、世界史だけでなく地理も驚くほど弱かった

塩の価格高騰が福島の原発処理水の影響だと語る韓国人の地理感覚 太平洋に向かう処理水、世界史だけでなく地理も驚くほど弱かった

福島原発原因で塩高騰説/韓

塩の価格高騰が福島の原発処理水の影響だと語る韓国人の地理感覚 太平洋に向かう処理水、世界史だけでなく地理も驚くほど弱かった

塩の価格高騰が福島の原発処理水の影響だと語る韓国人の地理感覚 太平洋に向かう処理水、世界史だけでなく地理も驚くほど弱かったの画像

 物価の上昇が続く韓国で、塩の価格高騰が庶民の悩みの種になっている。その理由として、韓国でまことしやかに囁かれているのが、福島第一原発の処理水による海洋汚染だ。処理水の海洋放出によって、韓国沿岸で塩が作れなくなったという。果たして、塩の価格上昇の真相は──。

◎立花志音の過去の原稿は以下をご覧ください。https://jbpress.ismedia.jp/search/author/%E7%AB%8B%E8%8A%B1%20%E5%BF%97%E9%9F%B3

(立花 志音:在韓ライター)

 卵から不動産まで韓国の物価上昇が止まらない。昔からこの国の物価上昇率は日本と比べてもとても高く、韓国人の間でも「目を閉じて開けただけで物価が上がる」と冗談で言われているほどだ。

 農作物の価格も普段から不安定で、韓国の2大名節である旧正月や旧暦の中秋の前には、野菜や果物、そして卵の値段が天気に関係なく毎年跳ね上がる。

 それでも、今年の2.2%という物価上昇率は一般庶民の生活には厳しい。そして、住宅価格の上昇は文在寅政権の一番大きな課題の一つであり、国民の大きな関心ごとである。

 2019年11月、文在寅大統領は「我が政府は不動産問題を解決する自信がある」と大風呂敷を広げ、強力な不動産規制政策をかけたが、失敗に終わった。

 2年後の今年9月26日、青瓦台スポークスマン、終盤に差し掛かった文在寅政権のこれまでの政策の中で、一番残念なことは不動産問題だったとして、申し開きのしようもないと謝罪した。

 初めは住宅価格の上昇に沸いていた人たちも、資産が増えることよりも課税負担の方が大きくなり、住宅所有者の85%が価格上昇を「いやだ」と思っている。

 今では20代の68%が「住宅価格はさらに上昇する」と考えている。もう現政権に対し、不動産問題の解決を期待している人は誰もいないようだ。

続きはJBpressで
(会員登録が必要な場合があります)