金正恩を出し抜きアスファルト輸入で富を築いた輸入業者の悪知恵 首脳会談で恥をかいた首領の自尊心をくすぐったプロジェクトとは

金正恩を出し抜きアスファルト輸入で富を築いた輸入業者の悪知恵 首脳会談で恥をかいた首領の自尊心をくすぐったプロジェクトとは

金正恩を出し抜きアスファルト輸入で富を築いた輸入業者の悪知恵 首脳会談で恥をかいた首領の自尊心をくすぐったプロジェクトとはの画像

 適当な技術力や資金力がない北朝鮮で外貨を稼ぐ方法は、国家の金で物品を輸入し、差額を得る以外にない。これを「輸入取り分」という。

 2021年5月、北朝鮮で“輸入取り分選手”(北朝鮮ではこういった業者を揶揄する意味で選手と呼ぶ)のチョン氏が逮捕され、取り調べを受けた。逮捕容疑は、チョン氏が2018年に中国から輸入したアスファルトに起因する。いったい何が起きたのか。「アスファルト革命」と呼ばれた輸入案件を通して、北朝鮮輸入制度の現状を見てみよう。

(過去分は以下をご覧ください)
◎「北朝鮮25時」
(https://jbpress.ismedia.jp/search?fulltext=%E9%83%AD+%E6%96%87%E5%AE%8C%EF%BC%9A)

(郭 文完:大韓フィルム映画製作社代表)

 今回、逮捕されたチョン氏は、北朝鮮から貿易会社の中国丹東支社長として派遣されていた人物である。中国丹東支社長というポジションは北朝鮮政府に年5万ドル、3年の任期で15万ドルを納める義務を負っているが、海外貿易歴で20年を数える、自他共に認める“輸入取り分選手”のチョン氏にとって、その程度の金を稼ぐことはさして難しくない。

 問題は、北朝鮮の国庫である。以前は輸入を1件でも成功させれば国に収める数年分の外貨を稼ぐことができたが、北朝鮮の国庫から徐々に金がなくなっているため、楽に稼げる状況ではなくなりつつある。その中で、国が求める輸入を成功させるのではなく、自ら輸入を創出しなければならないと考えていたチョン氏に好機が訪れた。2018年4月27日に板門店で開催された南北首脳会談である。

 この時に、チョン氏はある現実に注目した。北朝鮮の劣悪な道路事情である。会談の席でも、「白頭山に行きたい」と語った文在寅大統領に対して、金正恩総書記は道路状況の劣悪さを持ち出して断ったほどだ。自身も、平壌から板門店まで150キロの道程を車で揺られているので、道路状況の悪さは身にしみて分かっている。

 このやり取りを見た瞬間、チョン氏に一つのアイデアがひらめいた。「アスファルト革命」である。

続きはJBpressで
(会員登録が必要な場合があります)