韓国、消費者物価上昇率が10年ぶりに3%乗せへ 11月再利上げ、製造業好調は続くかウォン安懸念も

韓国、消費者物価上昇率が10年ぶりに3%乗せへ 11月再利上げ、製造業好調は続くかウォン安懸念も

韓国、消費者物価上昇率が10年ぶりに3%乗せへ 11月再利上げ、製造業好調は続くかウォン安懸念もの画像

 新型コロナウイルス感染症の流行が長期化し、家で食事をするためにスーパーで買い物をする機会も増える。

 また値段が上がったかなと感じることが多くなったが、調べるとこのところずっと物価上昇が続いているのだ。

 インフレ――。

 この単語が経済ニュースで頻繁に取り上げられるようになっている。

 原油価格の高騰、コンテナ輸送能力の不足による物流停滞、人件費高騰、半導体など部材の不足・・・需要もさほど強くないが供給面での制約が多くインフレ懸念は世界的な現象だ。

 米国の消費者物価指数は5%を超えている。

卵43%、レタス35%、ニンニク16%…

 韓国でも、資源や原材料の値上がりで、物価がじわじわ上昇し、企業活動や経済全体に影響を与えるとの懸念は強まっている。

「物価上昇」を日々感じるようになってきた。たたでさえ日本に比べて生活用品の価格が高いと感じることが多いのに、最近、いろいろな価格がさらに上昇している。

 牛乳、卵、ハムなど食品が代表例だ。いったいどうなっているのかと調べてみて驚いた。

 韓国の統計庁が発表した9月の主要品目物価上昇率(前年同月比)は、卵43%、レタス35%、ニンニク16%、ラーメン9%などだった。

続きはJBpressで
(会員登録が必要な場合があります)