公教育しか存在しない北朝鮮で存在感を高める家庭教師の負担感 権力闘争に負け、地方に放逐された人々が始めたエリート教育

公教育しか存在しない北朝鮮で存在感を高める家庭教師の負担感 権力闘争に負け、地方に放逐された人々が始めたエリート教育

公教育しか存在しない北朝鮮で存在感を高める家庭教師の負担感 権力闘争に負け、地方に放逐された人々が始めたエリート教育の画像

 近年、北朝鮮では子供を塾に通わせる私教育ブームが起きている。公教育での完結を掲げる当局の教育平準化政策では私教育は違法とされているが、私教育ブームは年々激しさを増す一方だ。北朝鮮の私教育とはどのようなものなのだろうか。

(過去分は以下をご覧ください)
◎「北朝鮮25時」
(https://jbpress.ismedia.jp/search?fulltext=%E9%83%AD+%E6%96%87%E5%AE%8C%EF%BC%9A)

(郭 文完:大韓フィルム映画製作社代表)

 北朝鮮の一般的な家庭では、子供は多くて2人、大半は1人である。北朝鮮の親は、「1人でも多いくらいで、半分がちょうどいい」と言っている。子供がいないと寂しいが、1人でもいると負担になるという意味だ。

 親は自分らが果たせなかった夢を子供に託し、自身の子供が完璧になることを期待する。これは韓国や日本の親たちも同じだろう。

 国によって多少の違いはあるだろうが、親は子供の教育に関心を持っている。数学や英語が苦手な子を放置する親はほとんどいない。すべてを投げ打ってでも、子供の将来にかけたいと考える親が大半だ。

 そのために、韓国や日本の親は子供を塾に通わせるが、北朝鮮では私教育は認められていない。教育は公立学校で始まり、公立学校で完結させるのが当局の方針だ。それゆえに、北朝鮮で流行っている私教育は1対1の訪問指導が基本になる。

 例えば、子供の数学の成績が低い場合、親は家で数学を教えてくれる家庭教師を探し求め、このように提案する。「毎日、帰宅前に我が家に寄って2時間ずつ私の子に数学を教えてくれたら、1カ月で20ドル差し上げます」

 20ドルの月謝は、韓国や日本では微々たる額に過ぎないが、北朝鮮では大きな価値がある。北朝鮮の市場で1ドルは5000北朝鮮ウォンで取引されている。北朝鮮の一般労働者の月給は3000〜4000ウォンで、数学教師の月給は5000〜6000ウォン程度である。

 私教育の月謝20ドルを北朝鮮で換金すると10万ウォンで、20か月分の給与に相当する。家庭教師を断る数学教師は、北朝鮮にはまずいない。

続きはJBpressで
(会員登録が必要な場合があります)