「中華」に対する屈従と日本に対する病的な「反日」の共通点 韓国の反日が終わるのは、日本が中国に服従隷属した時

「中華」に対する屈従と日本に対する病的な「反日」の共通点 韓国の反日が終わるのは、日本が中国に服従隷属した時

「中華」に対する屈従と日本に対する病的な「反日」の共通点 韓国の反日が終わるのは、日本が中国に服従隷属した時の画像

(ファンドビルダー:韓国コラムニスト)

【前編】韓国警察庁長官の竹島上陸の背景にある「小中華思想」の呪縛(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/67826)から読む

 ソウルの西大門付近に、慕華楼(1407〜1429)というものがあった。中国からの使節が来る時、朝鮮の皇太子をはじめとする高位層が、中国からの使節をうやうやしく出迎える場所であった。中国を懐かしがるという意味の「慕華」という言葉を名前にした場所である。以後、慕華楼は増築され、慕華館(1429〜1896)となった。

 そして、慕華館の前には、迎恩門(1539〜1896)というものが建てられた。中国の使節を迎える門だった。中国からの恩恵を嬉しく受け入れるという意味の「迎恩」という言葉が名前に使われている。

 このように、徹底して中国の属国だった朝鮮は、日本のおかげで、初めて中国の支配から抜け出すことになった。日清戦争(1894〜1895)に伴う下関条約の第1条は、以下のように書かれている。

 第1条 清国は、朝鮮国が完全無欠なる独立自主の国であることを確認し、独立自主を損害するような朝鮮国から清国に対する貢・献上・典礼等は、永遠に廃止する。

 うんざりする中国の支配から抜け出したのを記念して、徐載弼(1864〜1951)などの開化派は恥辱的な場所である迎恩門を撤去し、その場に「独立門」を建てた。同時に、慕華館を廃止し、独立館という名前に変更した。そして、「漢城」という恥辱的な首都名称も、1910年から「京城」に変わることになった。

 英国は、インドを植民地支配しながらインド人数十万人を虐殺した。英国はインドを略奪の対象とし、インドの近代化に寄与したことはほとんどない。それでも、今日のインド人の大部分は親英的態度を示す。

 米国は日本と戦争をした。互いに殺し合う敵同士だったが、今日の米国は、日本と非常に親しくしている。過去に日本と戦争をした中国でさえ、韓国のような病的な反日はしない。韓国と同じ経験をした台湾が、親日的な態度を見せているという点も考えると、どう見ても今日の韓国の反日は非常識である。

 小中華思想は、中国に仕える者であることを自認し、中国が世界の中心であり、中国から遠く離れたところは野蛮だと信じることだ。したがって、小中華思想に陥れば、中国に仕える者という自負心とともに、中国からその資格を得ることができない他国に対して、蔑視的な態度を示すようになる。

 今日の韓国が見せる日本に対する根拠のない優越感は、このような小中華思想ために発生するものだ。

【関連記事】
◎韓国に二度煮え湯を飲まされた岸田首相が韓国に対してすべきこと(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/67389)
◎韓国人が語る、反日全体主義集団と化した韓国とどう向き合うべきか(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/67390)
◎自浄能力のない韓国に期待しても無駄、強力な輸出規制をかけよ(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/67392)

続きはJBpressで
(会員登録が必要な場合があります)