サイバー泥棒で核技術やICBMを高度化した「泥棒国家」北朝鮮の何でもあり 極超音速ミサイルからビットコインまで何でも盗み出す人民軍のサイバー部隊

サイバー泥棒で核技術やICBMを高度化した「泥棒国家」北朝鮮の何でもあり 極超音速ミサイルからビットコインまで何でも盗み出す人民軍のサイバー部隊

サイバー泥棒で核技術やICBMを高度化した「泥棒国家」北朝鮮の何でもあり 極超音速ミサイルからビットコインまで何でも盗み出す人民軍のサイバー部隊の画像

(金 興光:NK知識人連帯代表、脱北者)

 去る3月24日、北朝鮮は米本土を射程に収める大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」の発射実験を敢行。ミサイル開発技術が高度化していることを世界に誇示した。今年に入ってからのミサイル発射は12回目だ。

 北朝鮮労働新聞は3月28日付の1面で、金正恩総書記が「火星17」を開発した科学技術者に面会し、次のように述べたと報じた。

「真の防衛力とは、まぎれもなく強力な攻撃能力のことだ。誰もが逃げ出す恐るべき攻撃力、圧倒的な軍事力を備えてこそ、戦争を防止し、国家の安全を確保し、あらゆる帝国主義者などの威嚇・恐喝を制圧し、統制することができる。我々は、今後も継続して、国防建設の目標を成し遂げ、強力な攻撃手段をさらに多く開発し、我が軍隊に装備させることになるだろう」

 防御力ではなく、「誰もが逃げ出す恐るべき攻撃力」を云々するということは、それだけ今後の攻撃力増強に自信があるということだろう。

 国際社会が把握している北朝鮮の内部状況を見ると、金正恩氏が核・ミサイル技術の高度化を実現するにはあまりに力不足な状態である。北朝鮮経済は疲弊しており、住民の大半は食糧難に苦しんでいる。

 2017年12月23日に決定した、歴代で最も苛酷な北朝鮮制裁である「国連安保理対北朝鮮制裁2397号」は、今日まで4年3カ月にわたって、北朝鮮経済を締め上げている。中国とロシアが庇護しているが、北朝鮮が受けたダメージは深く、大きい。

 さらに、新型コロナの感染が世界的に広がると、感染拡大を防ぐため、北朝鮮は自ら国境を閉ざした。2年あまりのパンデミックで、ミサイルなどの防衛産業と民需を担う中央工場を除いた地方工場の多くは操業を止めてしまった。

 紙幣を刷るための外国産の紙とインクを買う外貨がなく、質の低い国産紙とインクで紙幣の代わりに「金票」という代用品を発行し、流通させているほどの窮状だ。

 以上の状況から推察するに、経済的に破綻している北朝鮮がミサイルの発射実験を続けるのは難しいはずだ。金正恩氏が喧伝するような核・ミサイル技術の高度化も、極めて困難である。

 それでは、金正恩氏はどのようにしてICBMや極超音速ミサイルなどの開発資金をまかなっているのだろうか。

続きはJBpressで
(会員登録が必要な場合があります)